Apple IDのアプリ用パスワードの作り方

iOSアプリやmacOSアプリといった、Appleプラットフォーム向けのアプリ開発ではApple IDが必要となります。デベロッパープログラムでの権限の付与もApple IDに対して行われます。

Apple IDはデベロッパーサイトへのサインインだけではなく、Apple公証サービスにアプリを提出する際にも使用します。Apple公証サービスにアプリを提出する方法にはXcodeを使用する方法と、`xcrun`の`notarytool`を使った方法があります。後者の`notarytool`ではApple IDのアプリ用パスワードを使用します。

この記事ではApple IDのアプリ用パスワードの作り方について解説します。

目次

アプリ用パスワードとは何か?

一般的に多要素認証を行うサービスをスクリプトなどから利用する場合には、そのスクリプト用にアプリ用パスワードを作成します。

多要素認証ではアカウントとパスワードに加えて、ワンタイムコードを使用します。ワンタイムコードは信頼できるデバイスにその都度送信されるという方法や、Authenticatorなどのアプリで発行する方法、SMS(ショートメッセージ)で受信する方法などがあります。

しかし、自動的に実行するスクリプトなどでは、これらの方法で認証を行うことは困難です。そのため、そのスクリプト専用のパスワードを発行し、本来のパスワードの代わりにそのパスワードを使用するという方法で認証します。このパスワードをアプリ用パスワードと呼びます。アプリ用パスワードで認証した場合は、追加のワンタイムコードなどが不要です。

アプリ用パスワードはいつでも削除することができます。削除してしまえば、それを利用しているスクリプトやプログラム、サービスはアクセスできなくなります。

Apple IDにもアプリ用パスワードを作ることができます。

アプリ用パスワードの作り方

次のように操作します。

STEP
Apple IDの管理ページを開きます。

次のページを開きます。

STEP
「サインイン」をクリックします。
STEP
画面の指示に従い、アプリ用パスワードを発行するApple IDを使ってサインインします。
STEP
「サインインとセキュリティ」ページが表示されます。「App用パスワード」を押します。
App用パスワードを押す
STEP
「+」ボタンを押します。
追加ボタンを押す。
STEP
アプリ用パスワードの名前を入力し、「作成」ボタンを押します。

「notarytool」 など、使用目的が分かる名前にしましょう。

App用パスワードの名前を入力する
STEP
アカウントのパスワードを入力し、「続ける」ボタンを押します。
アカウントのパスワードを入力する。
STEP
アプリ用パスワードが生成されるので、コピーして保存します。

アプリ用パスワードは再表示できません。必ず、表示されたパスワードはこの場でコピーするなどして保存してください。

アプリ用パスワードが生成される。
STEP
「完了」ボタンを押して閉じます。

関連性が高い記事

著書紹介

Authored Books

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Akira Hayashi (林 晃)のアバター Akira Hayashi (林 晃) Representative(代表), Software Engineer(ソフトウェアエンジニア)

アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けの開発を専門としているソフトウェアエンジニア。ソフトウェアの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。note, Medium, LinkedIn
-
Representative of RK Kaihatsu. Software Engineer Specializing in Development for the Apple Platform. Specializing in contract software development, technical writing, and serving as a tech workshop lecturer. note, Medium, LinkedIn

目次