WordPressのお問い合わせフォームのメールを迷惑メールにしない設定方法

ブログやWebサイトからのお問い合わせに対応するために、問い合わせフォームを作成します。この問い合わせフォームからのお問い合わせはメールで受け取ることが一般的です。しかし、お問い合わせフォームからのメールは迷惑メールとして認識されてしまうことが多くあります。

たとえば、このブログではメインサイトである、アールケー開発公式サイトのお問い合わせフォームから、お問い合わせを受け付けています。

メインサイトもこのブログと同様にWordPressで運営しています。WordPressにはContactForm7という、お問い合わせフォームを簡単に提供するプラグインがあります。このプラグインにはメール送信機能があり、受け取るメールアドレスを設定しておくだけで、入力されたメッセージをメールで受信できます。

メインサイトのメールはExchange Onlineで運用しています。Exchange Onlineは法人向けのクラウドメールサービスです。

Exchange Onlineは迷惑メール防止機能が付いています。非常に残念なことに、ContactForm7から単純に送信したメールは、Exchange Onlineでは迷惑メールに分類されてしまいます。

この記事では、迷惑メールに分類されないようにするために行った対策について共有します。

目次

SMTPサーバーを設定する

ContactForm7は標準では、PHPのメール送信ライブラリである PHPMailer を使ってメールを送信します。設定を変更し、SMTPサーバーを使ってメールを送信するように変更します。

WordPressでSMTPサーバーを使用するにはプラグインを使います。SMTPに対応するプラグインはいくつかあります。私は「WP Mail SMTP」というプラグインを使用しました。

WP Mail SMTP の設定

インストールしたら次のような手順で設定します。

STEP
「WP Mail SMTP」の設定ページを開きます。ウィザードが開きます。
STEP
「ダッシュボードに戻る」をクリックして、ウィザードをスキップします。

ウィザードで指示に従いながら設定しても問題ありません。私はダッシュボードを使いました。

STEP
「一般」タブを開きます。
STEP
「送信元メールアドレス」にお問い合わせフォームの送信元にするメールアドレスを入力します。

SMTPサーバーのアカウントに従ったメールアドレスを入力します。

送信元メールアドレスを設定する。
STEP
「このメールを強制使用」をオンにします。
STEP
「フォーム名」に送信元の名前を入力します。
フォーム名を入力する。
STEP
「メーラー」から「その他のSMTP」を選択します。
その他のSMTPを選択する。
STEP
「その他のSMTP」にSMTPサーバーの設定とアカウントを入力します。
SMTPのホストとアカウントを設定する。
STEP
「設定を保存」ボタンを押します。

メールテスト

メールの送信テストを行います。

STEP
「メールテスト」タブを開きます。
STEP
テストメールの送信先を入力します。

送信先にテストメールの送信先メールアドレスを入力します。

テストメールの送信先の設定。
STEP
「メールを送信」ボタンを押します。

テストメールは、この段階では迷惑メールにフィルタリングされている可能性があります。迷惑メールボックスの方も確認してください。

信頼できる差出人に追加する

Exchange Onlineの信頼できる差出人に、お問い合わせフォームのメールアドレスを追加します。次のように操作します。

STEP
Exchange OnlineのWebメールを開きます。

次のURLを開きます。

https://outlook.office.com/mail/

STEP
ツールバーの右端のボタンをクリックし、「ルール」から「ルールを管理」を選択します。
ルールを管理を選択する。
STEP
「迷惑メール」を選択し、「信頼できる差出人とドメイン」の「追加」ボタンをクリックします。
信頼できる差出人を追加する。
STEP
メールアドレスを入力します。

メールの振り分けルールを追加する

ここまでの設定で迷惑メールに分類されなくなるはずなのですが、使用しているSMTPサーバーによっては、まだ、迷惑メールになってしまいます。そこで、お問い合わせフォームから送信されたメールを、受信ボックスに移動するルールも追加します。次のように操作します。

STEP
ルールを開きます。
STEP
「新しいルールを追加」をクリックします。
ルールを追加する。
STEP
ルールの名前に「お問い合わせ」と入力します。
STEP
条件から「差出人」を選択し、お問い合わせフォームのメールアドレスを入力します。
STEP
アクションから「指定の場所に移動」を選択し、移動先に「Inbox」を選択します。
STEP
以降のルールは処理しない」をオンにします。
メールを受信ボックスに移動するルールを入力する。
STEP
「保存」ボタンをクリックします。

まとめ

この記事で解説した設定を行う前は、お問い合わせフォームからのメールが迷惑メールに埋もれていて、気がつくまでに、数日かかってしまうことが度々ありました。このままでは問題だなと思い、対策を行うことにしました。対策した後は迷惑メールになることもなく、メールを受信するとすぐに通知も表示されるので、すぐに反応できるようになりました。

著書紹介

Authored Books

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Akira Hayashi (林 晃)のアバター Akira Hayashi (林 晃) Representative(代表), Software Engineer(ソフトウェアエンジニア)

アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けの開発を専門としているソフトウェアエンジニア。ソフトウェアの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。note, Medium, LinkedIn
-
Representative of RK Kaihatsu. Software Engineer Specializing in Development for the Apple Platform. Specializing in contract software development, technical writing, and serving as a tech workshop lecturer. note, Medium, LinkedIn

目次