iOS アプリの開発に必要な Apple ID の作り方

iOS アプリの開発には Xcode という統合開発環境が必要です。Xcode は無料でダウンロード出来ます。Xcode はMac App Store からダウンロードするので、何はともあれ Apple ID が必要です。Apple ID も無料で作ることが出来ます。

開発用の Apple ID は他のものと分けた方が良い?

Xcode をダウンロードするときに使う Apple ID は日常的に使っているものを使っても何も問題ありません。私もアプリを購入するときに使っている日常使いの Apple ID を使っています。

しかし、開発者登録に使用する Apple ID は専用のものを用意した方が何かと役に立ちます。例えば、次のような理由があります。

  • ベータ版の OS で iCloud を設定したときに開発途中の不具合に巻き込まれない。
  • 名前や住所は英語名になっている方がトラブルが少ない。

Apple ID の作り方

Apple ID は次のような手順で作る事が出来ます。

  1. Apple の Web サイトを開く。( https://www.apple.com/jp/ )
  2. 「サポート」を開く。
  3. 「Apple ID」をクリック。
  4. 「Apple ID アカウントの管理ページはこちら」を開く。
  5. 「Apple IDを作成」を開く。

これで Apple ID の作成ページまで辿り付けます。後は、フォームに必要な内容を入力して、送信すれば Apple ID を作ることが出来ます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MacアプリのUIテスト – ダイアログのテスト

  2. 【2020/4/1更新】【Swift|ObjC 】 UIWebView…

  3. HTTPのステータスコードへの対応

  4. OpenCVのセットアップ方法(iOSアプリ用)

  5. SwiftとObjective-Cを共存させるならObjective-…

  6. iOS 13.4でWKWebViewがクラッシュするときはWebKit…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事