Windows Server 2016 への Hyper-V のインストール方法

Windows Server 2016 に Hyper-V をインストールするには以下の様に操作します。

基本的には画面の指示に従っていくだけでインストールできます。

(1) サーバーマネージャーを起動する。

(2) 「管理」ポップアップボタンをクリックし、「役割と機能の追加」を選択します。

(3) 「インストールの種類の選択」ページで「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。

(4) 「対象サーバーの選択」ページでサーバーを選択して、「次へ」ボタンをクリックする。

(5) 「サーバーの役割の選択」ページで「Hyper-V」をチェックする。

(6) Hyper-V に必要な機能の追加確認ダイアログが表示されるので、「管理ツールを含める」をチェックしたまま、「機能の追加」ボタンをクリックします。

(7) 読み込み中になるので、チェックがオン状態になって、待機状態になるまで、しばらく待ちます。(けっこう時間かかります)

(8) 「機能の選択」ページは変更せずに、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

(9) 「仮想スイッチの作成」ページでネットワークアダプタをチェックして選択します。

(10) 残りは画面の指示に従って操作します。

(11) インストールが完了するまで待ちます。これもしばらく時間がかかります。固まったように感じますが、動いているので、そのまま待ちましょう。

(12) インストール完了後、サーバーを再起動させるように指示されるので、サーバーを再起動します。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Hyper-V を使った Ubuntu Server のインストール

  2. Parallels Desktopで古いmacOSゲストをセットアップ…

  3. 開発のためのインフラを移行しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事