外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

HFS+とAPFSで速度差が、どの程度、現れるか確認するためにベンチマークを取ってみました。使用したソフトは、Blackmagic Disk Speed Testです。外付けなので、内蔵とは傾向が異なる可能性はありますが、自分の環境での違いを見たいので計測してみました。

ベンチマークの結果

Thunderbolt接続の外付けRAID 0のSSDで計測してみました。
Write
APFS: 615.3 MB/s
HFS+: 610.5 MB/s
Read
APFS: 758.0 MB/s
HFS+: 753.6 MB/s
早くなっていると言えば、早くなっていますが、測定誤差の範囲とも言えそうです。何度かやっている間には、APFSよりも早い結果が出て事もありました。
APFSの結果

HFS+の結果

考察

外付けのSSDでの計測結果は、確かに早くはなっていますが、測定誤差と言える範囲の改善です。APFSでのメリットは、ベンチマークで測るようなI/Oではなく、本当に書き込みが必要になるまで書き込みを行わないなどの、仕組み面にあると思います。SSDで本当のWrite操作を行う回数を減らすということは、SSDの寿命にもつながってくる話だと思います。HDDにとっては、あまり関係無い部分なので、HDDについてはユーザーの判断に任せ、SSDの内蔵については自動的に変換するという仕様になったのかもしれません。単純に必要な実装が間に合わなかったというだけかもしれませんが。Fusion Driveでもサポートされていないですし。単純に実装が間に合わなかったのかな?
機能面に目を向けてみれば、暗号化やスナップショット、クラッシュに対する保護、最大ファイル数の増加などHDDにとっても良い機能がありますね。
macOS 10.13の初期ではFusion Driveもサポートされないなど、実装面での不十分さがありますが、将来のバージョンではHFS+と完全に置き換わって、HDDやFusion Driveでも使われるファイルシステムになっていくことでしょう。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事