新刊のMetal解説書の仕上げ作業中です

macOS Big Sur 11.0.1 が2020年11月13日にリリースされました。それを受けて一気に忙しくなってきました。

新刊のMetal解説書の仕上げ作業が始まったからです。実は既に原稿は書き上がっていましたが、スクリーンキャプチャが旧バージョンのmacOS Catalina 10.15 + Xcode 11だったので、新OSと新Xcodeが公開されるのを待っていたのです。

MetalはGPUにダイレクトにアクセス可能なフレームワークです。Metalを使うことでGPUを使ったプログラミングが可能になります。新刊はMetalを初めて触れる方向けに書いた解説書です。完成まで皆様、もう少しお待ちください。

 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Wi-Fi親機を入れ替え

  2. rEFIt

  3. ConfluenceとJIRAをパワーアップ

  4. Office365のiOS用SDK公開のこと

  5. HistoryEditor 1.5.2 Mac版を公開しました

  6. Tomcat AJPポートは「8380」を指定する

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事