Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 2016 でビルド時間を比較

ベンチマーク結果を追加しました
以前から気になっていたことなのですが、Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 2016のどちらをメインにして仕事を進めるのが良いのだろうかということが気になっていました。もちろん、操作性や拡張性など、速度面以外にも検討すべき点は多くあります。しかし、ディスプレイサイズについては、外部ディスプレイを接続すれば問題無いですし、周辺機器についても、必要なときと必要ないときがあり、コーディング中は沢山は使わないので、一番、考慮すべきはビルド速度だなと思いました。
そこで、自分が日頃ビルドしているアプリのビルド時間を比較してみることにしました。比較したマシンのスペックは以下の通りです。なお、OSはmacOS 10.13 High Sierra、ストレージは内蔵SSD、APFSです。
MacBook Pro 2016

  • MacBook Pro 15-inch 2016
  • 2.9 GHz Intel Core i7
  • 16GB RAM

Mac Pro Late 2013

  • Mac Pro Late 2013
  • 3.7 GHz Quad-Core Intel Xeon E5
  • 32GB RAM

ビルド時間は次のようになりました。
MacBook Pro : 4分35秒
Mac Pro : 6分03秒
自分が日頃行う作業では、MacBook Proの方が早いという結果になりました。

この違いはどこから?

この2つのマシンのビルド時間の違いはどこから来ているのか?ということが気になったので、ベンチマークを行ってみました。すると、CPUとSSDのアクセス速度がともにMacBook Proの方が速いという結果になりましたが、CPUの速度差よりも、SSDのアクセス速度の違いが大きく見られました。ディスクアクセスが多い操作のときには、大きな違いが出そうです。
Blackmagic Disk Speed Test

Write
Mac Pro     : 1157.2 MB/s
MacBook Pro : 1466.2 MB/s
Read
Mac Pro     : 1466.2 MB/s
MacBook Pro : 2266.3 MB/s

Geekbench 4

Single-Core Score
Mac Pro     : 3968
MacBook Pro : 4676
Multi-Core Score
Mac Pro     : 14409
MacBook Pro : 15644

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. MOSA Software Meeting 2012で講師をしました

  2. 自動アップデート機能のためのフレームワーク

  3. Swift 3のセミナー資料作成

  4. iOSシミュレータの終了が重い

  5. AppleのApp Storeの審査基準が公開されました

  6. MSM 2011でのセッション内容を決めました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事