ARKitで物体検出のためのスキャンの背景

ARKitで物体検出を行うためには、先に物体をスキャンしておいて、特徴点データを作っておく必要があります。

よりよいスキャンのためにはどうするのが良いのか?については、ARKitのサンプルコードの中で次のような記載があります。

– Light the object with an illuminance of 250 to 400 lux, and ensure that it’s well-it from all sides.

– Provide a light temperature of around ~6500 Kelvin (D65) – similar with daylight. Avoid warm or any other colored light sources.

– Set the object in from matte, middle gray background.

Scanning and Detecting 3D Objects – Configure Your Physical Environment to Enhance Object Scannning より

3番目の背景をミドルグレーにするとということについてですが、何かちょうど良い物があるかな考えてみました。

試してみて、手軽にできるなと思ったのがこれです。

工作用紙
工作用紙

小学校のときに工作で使ったことがある工作用紙です。この裏面がちょうどグレーで光も反射しない感じなので使えるかなと考えました。

1枚はそのまま敷いて、もう1枚を90度曲げて自立できるようにしました。

手作り感満載ではありますが、特徴点を抽出するときに余計なものが写り込まず、特徴点を抽出できる感じです。写真の物撮りと同じようにラフ版や白い紙とかで光を調整して影を消した方がもっと良いかもしれないです。

この記事は「基礎から学ぶ ARKit」の制作の裏側を紹介するメイキング記事です。「基礎から学ぶ ARKit」はARKitのAPIを使ったアプリ開発を解説する技術書です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. ARKitでコリジョンとアニメーション

  2. カードデータ作成

  3. ARKitの物理シミュレーション

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事