IOレジストリから見たキーボードの接続方法は本当に有線接続?

ここ最近のメインMacはMacBook Proなのですが、キーボードはHHKB Professional Hybrid Type-Sを使っています。このキーボードはUSB Type-Cでの有線接続の他に、Bluetooth接続で最大4台のMac/PCとペアリング可能です。このような有線と無線のインターフェイスを両方とも持っているようなキーボードがあります。

Appleの純正キーボードのApple Magic Keyboardも、Lightningケーブルによる有線接続とBluetoothによる無線接続の両方に対応しています。

接続中のキーボードが有線接続で接続されているのか、無線接続なのか、調べる方法についてです。

システムから見ると

ケーブルが接続されていれば有線接続、ケーブルが接続されていない状態で反応するなら無線接続。

。。。そう言われてしまうとそうですが、前者は本当にそうですか?後者は当然そうですね。前者は接続自体は本当は無線接続で、USBは給電だけしているという可能性もありますよね?見た目では分かりません。

メニューバーのBluetoothメニューを開いてみましょう。

Bluetoothメニューの表示
Bluetoothメニューの表示

有線接続されている状態のMagic Keyboard(「Akira Hayashiのキーボード」)はグレーアウトしています。

Bluetooth接続しているHHKB(「HHKB-Hybrid_1」)は有効化されています。

IOレジストリーから見ると

もし、キーボードが有線接続かを判定する処理が必要だったらどう実装しますか?(通常はないと思いますが、キーボード以外のデバイスでも考え方は同じです)

システムから見るとどのような違いがあるのかを考えてみましょう。macOSは周辺機器と接続するとIOレジストリーに登録します。カーネルモードで動作するKEXT(ドライバ)のロード状態などもIOレジストリのプロパティ値をチェックすることで判断できます。

IORegistryExplorer

IOレジストリの内容を見たいときは、IORegistryExplorerが便利です。Apple DeveloperサイトのダウンロードページからDeveloper登録するとダウンロードできます。Additional Tools for Xcodeの中に入っています。

レジストリーの状態

USB接続したMagic Keyboardを見てみると、IOUSBHostDeviceクラスを継承していました。下層エントリーを見ていくと、Keyboard(IOUSBHostInterface)IOHIDInterfaceも登録されています。

Keyboard(IOUSBHostInterface)kUSBStringにはKeyboard / Bootという値も入っています。

bInterfaceClassには0x03が入っているので、USB HID (Human Interface Device) Classであることがわかります。

ここまでの情報からUSB有線接続のキーボードと判定して問題無さそうです。

これの情報の取得と判定をコード化すれば、接続されているキーボードがUSB有線接続のキーボードなのかということが判定できます。

IOレジストリーを読み込む処理は、IOKitLibのAPIで実装可能です。

IOKitLib.h | Apple Developer Documentation

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

アプリ・ソフト開発、書籍執筆に力を入れて活動中です。
ご相談はお問い合わせフォームよりお願いします。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 【Python】loggingを使ってログを出力する

  2. Combine入門 | CombineでTimer処理を行う方法

  3. Combine入門 | CombineでNotificationを受け…

  4. Notarization Service の条件の緩和終了

  5. Cのバイナリデータを確保する処理をSwiftで書く

  6. コマンドライン引数でモックに差し替える

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事