docker+nginx+phpの環境を作る

Dockerでコンテナ化したnginxで、スタティックなコンテンツだけではなく、動的なコンテンツを表示したくなり、docker+nginxの環境で更にphpを追加しました。その方法をまとめました。

docker + nginxの環境を構築する

始めにdocker+nginxの環境を作ります。nginxをdockerで動かす方法については以下の記事をご覧ください。

また、nginxの設定ファイルを編集する必要もあります。nginxの設定ファイルをコンテナからコピーして、編集し、使用するように設定する方法については、以下の記事をご覧ください。

この記事では、上記の記事でdocker+nginxを作ったところに、phpを追加することを前提にしています。

ComposeでPHPのコンテナを追加

Docker Composeでnginxの他に、phpのコンテナを追加します。次のように、docker-compose.ymlを編集して、phpの設定を追加します。

version: "3"
services:
  nginx:
    build: .
    ports:
      - 8080:8080
    volumes:
      - ./content_home:/usr/share/nginx/html

  php:
    image: php:7-fpm
    volumes:
      - ./content_home:/usr/share/nginx/html

追加したのは、php:以下の部分です。

nginxの設定

nginxの設定を変更します。default.confファイルを次のように編集します。

server {
    listen       8080;
    server_name  localhost;

    #limit_rate 10K;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/host.access.log  main;

	root   /usr/share/nginx/html;
	index  index.html index.htm index.php;

	location / {
		try_files $uri $uri/ /index.php$is_args$args;
	}

    #error_page  404              /404.html;

    error_page 405 =200 $uri;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        fastcgi_pass   php:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

変更を加えたの以下の場所です。

  • rootの定義場所を移動
  • indexの定義場所を移動
  • indexindex.phpを追加
  • location /の定義を変更
  • location ~ \.php?の定義を追加

テスト

上手く動作するかテストします。content_homeに以下の内容を入れたindex.phpファイルを作成します。

<?php
    echo phpinfo();
?>

次にターミナルで以下の様にして、コンテナを実行します。

$ docker-compose up -d --build

ブラウザでhttp://localhost:8080/index.phpを開きます。成功すると次のようにphpinfo()の出力結果が表示されます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Docker+NginxでBasic認証を行うまでの3つの手順

  2. WSL (Windows Subsystem for Linux) の…

  3. Windows Server 2016 への Hyper-V のインス…

  4. Gitから変更されたファイルだけ取り出す方法

  5. Nginxで帯域制限を行う方法

  6. Hyper-V を使った Ubuntu Server のインストール

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事