Transmitの同時接続数の上限値を設定する

今回の記事はTransmitの同日接続数の上限値を設定する方法です。

上限値の設定方法

Transmitのデフォルト設定では、同時接続数の上限値が設定されていません。そのため、FTPサーバーのセキュリティ上の設定上限に引っかかり、切断されてしまうことがあります。

例えば、バックアップのためにフォルダを丸ごとダウンロードしようとしたときに、中のファイル数が多いとこの上限値に引っかかります。

Transmitの同時接続数の上限値を設定することで、正常にダウンロードできるようになります。次のように操作します。

(1) 「Transmit」メニューから「環境設定…」を選択します。

(2) 「上級」タブを選択し、「詳細サーバ設定…」ボタンをクリックします。

(3) 「同時接続数の上限」をチェックし、「3」接続などの上限値を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

後書き

WordPressの普及で、FTPで直接接続することは少なくなりました。しかし、導入しているWordPressのテーマ(TCDのSOURCEを使っています)をアップデートするときには、怖いので全体をバックアップしています。

新しくMac App Store 版のTransmitを導入して、バックアップしようとしたら、この制限に引っかかり認証エラーになってしまいました。

昔のバージョンはデフォルトで上限値が入っていたような気がします。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. docker+nginx+phpの環境を作る

  2. 【Docker】 macOS Catalina 10.15 で使うとき…

  3. Docker+NginxでBasic認証を行うまでの3つの手順

  4. HTTPのステータスコードへの対応

  5. お問い合わせフォームのリニューアル

  6. iOS 13.4でWKWebViewがクラッシュするときはWebKit…

  7. Webサイトのデザインリニューアル

  8. Nginxで帯域制限を行う方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事