Transmitの同時接続数の上限値を設定する

今回の記事はTransmitの同日接続数の上限値を設定する方法です。

上限値の設定方法

Transmitのデフォルト設定では、同時接続数の上限値が設定されていません。そのため、FTPサーバーのセキュリティ上の設定上限に引っかかり、切断されてしまうことがあります。

例えば、バックアップのためにフォルダを丸ごとダウンロードしようとしたときに、中のファイル数が多いとこの上限値に引っかかります。

Transmitの同時接続数の上限値を設定することで、正常にダウンロードできるようになります。次のように操作します。

(1) 「Transmit」メニューから「環境設定…」を選択します。

(2) 「上級」タブを選択し、「詳細サーバ設定…」ボタンをクリックします。

(3) 「同時接続数の上限」をチェックし、「3」接続などの上限値を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

後書き

WordPressの普及で、FTPで直接接続することは少なくなりました。しかし、導入しているWordPressのテーマ(TCDのSOURCEを使っています)をアップデートするときには、怖いので全体をバックアップしています。

新しくMac App Store 版のTransmitを導入して、バックアップしようとしたら、この制限に引っかかり認証エラーになってしまいました。

昔のバージョンはデフォルトで上限値が入っていたような気がします。

関連記事

  1. SSHのクライアント側のセットアップ

  2. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  3. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

  4. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  5. Swiftでコマンドラインツールを作る(コマンドライン引数と標準入出力…

  6. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI