rEFIt

rEFItはEFIを利用したブートローダーです。EFIはIntel Macなどに使われています。Macintoshは標準でも外付けのHDDからのMac OSの起動やBootCampを利用してインストールしたWindowsの起動などに対応しています。
しかし、Linuxをインストールした場合のようにMac OS Xで対応していないOSの起動には標準のブートローダーでは行えません。
このようなときに利用するのがrEFItです。

インストール方法

まずは、下記のページからダウンロードします。
rEFIt – An EFI Boot Menu and Toolkit
次にダウンロードしたインストールパッケージを使ってインストールすれば良いのですが、このようにしてインストールして内蔵HDDでrEFItを使用するようにすると、毎回、マシン起動時にどのOSを使用するか選択しなければいけなくなってしまいます。
Mac OS Xを主に使うような場合には不便な結果になってしまいます。そこでおすすめの方法はUSBフラッシュメモリーにrEFItをインストールする方法です。次のようにしてインストールします。

  1. 使用するフラッシュメモリをディスクユーティリティでHFS+形式(Mac OS 拡張)でフォーマットする。
  2. ダウンロードしたrEFItのインストーラと同じフォルダにあるefiフォルダをフラッシュメモリーにコピーする。
  3. ターミナルを起動する
  4. ターミナルでcdコマンドでフラッシュメモリー内のefiフォルダの中のrefitフォルダに移動する。(cd /Volumes/<VolumeName>/efi/refit/と入力する。<VolumeName>は実際のボリューム名を入力してください)
  5. ./enable.shと入力する

使用方法

rEFItを使用するときは、上で作成したUSBフラッシュメモリーを接続して、Optionキーを押しながらマシンを起動し、表示されたブートメニューでフラッシュメモリーを選択します。するとLinuxも選択することができるrEFItのメニューが表示されます。

アンインストール方法

USBフラッシュメモリーにインストールした場合はフラッシュメモリをフォーマットすれば完了です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事