rEFIt

rEFItはEFIを利用したブートローダーです。EFIはIntel Macなどに使われています。Macintoshは標準でも外付けのHDDからのMac OSの起動やBootCampを利用してインストールしたWindowsの起動などに対応しています。
しかし、Linuxをインストールした場合のようにMac OS Xで対応していないOSの起動には標準のブートローダーでは行えません。
このようなときに利用するのがrEFItです。

インストール方法

まずは、下記のページからダウンロードします。
rEFIt – An EFI Boot Menu and Toolkit
次にダウンロードしたインストールパッケージを使ってインストールすれば良いのですが、このようにしてインストールして内蔵HDDでrEFItを使用するようにすると、毎回、マシン起動時にどのOSを使用するか選択しなければいけなくなってしまいます。
Mac OS Xを主に使うような場合には不便な結果になってしまいます。そこでおすすめの方法はUSBフラッシュメモリーにrEFItをインストールする方法です。次のようにしてインストールします。

  1. 使用するフラッシュメモリをディスクユーティリティでHFS+形式(Mac OS 拡張)でフォーマットする。
  2. ダウンロードしたrEFItのインストーラと同じフォルダにあるefiフォルダをフラッシュメモリーにコピーする。
  3. ターミナルを起動する
  4. ターミナルでcdコマンドでフラッシュメモリー内のefiフォルダの中のrefitフォルダに移動する。(cd /Volumes/<VolumeName>/efi/refit/と入力する。<VolumeName>は実際のボリューム名を入力してください)
  5. ./enable.shと入力する

使用方法

rEFItを使用するときは、上で作成したUSBフラッシュメモリーを接続して、Optionキーを押しながらマシンを起動し、表示されたブートメニューでフラッシュメモリーを選択します。するとLinuxも選択することができるrEFItのメニューが表示されます。

アンインストール方法

USBフラッシュメモリーにインストールした場合はフラッシュメモリをフォーマットすれば完了です。

関連記事

  1. Mac用Subversionクライアントから3つピックアップ

  2. iPhone用のページのスクリーンキャプチャです

  3. 「改訂2版 基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」の公式ページができまし…

  4. JavaとRetinaディスプレイ

  5. メールサーバーを移行しました

  6. MSM 2011でのセッション内容を決めました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI