Mac OS XとWindows間でのハードディスク共有

Mac OS X と Windows 間で大きなファイルや大量のファイルなどをやりとりする場合、ネットワーク経由よりもハードディスク経由の方が速度面や手軽さという点で都合が良い場合があると思います。ここでは、いくつかの方法をご紹介します。また、ここに書かれている方法はハードディスクだけではなく、USB フラッシュメモリーなどでも有効です。

FAT32を利用する方法

おそらく一番手軽な方法は共有するハードディスクをFAT32でフォーマットする方法です。USB フラッシュメモリーなどは生産段階でこのフォーマットになっているものが主流です。
この方法の短所はWindows XP及びWindows Vistaではフォーマットできるボリュームサイズが32GBまでに制限されてしまうことです。Mac OS X上では32GBを超えたFAT32のボリュームを作成することができます。(Mac OS X 10.4.11で確認)

NTFSを利用する方法

標準ドライバでは

32GB 以上のドライブでは NTFS でフォーマットする方法があります。この方法の弱点は Mac OS X の標準ドライバでは読み込みには対応していますが、書き込みに対応していないことです。

NTFSに対応したドライバをインストールする

NTFS 対応のドライバをインストールすることで、NTFS でフォーマットされたハードディスクをMac OS Xから読み書き出来るようになります。NTFS対応のドライバには次の2つがあります。

NTFS-3Gを利用する方法

ここでは、オープンソースのNTFS-3Gのインストール方法をご紹介します。NTFS-3Gを使用するには、MacFUSEというソフトウェアも別途必要です。こちらもオープンソースです。
具体的には(1) MacFUSE, (2)NTFS-3Gの順にインストールします。
macfuse – Google Code
この方法の短所はNTFSのドライブがネットワークボリュームとしてOSに認識されてしまうため、BootcampでインストールしたWindowsのパーティションがコントロールパネルの起動ディスクで認識出来なくなってしまうことです。
Paragon NTFS を利用した場合はどうなのかは確かめていませんので不明です。

HFS+を使う方法

NTFS を使う方法は Mac OS X 側で工夫するという方法ですが、一方 Windows 側で工夫 する方法があります。それは、HFS+ のパーティションを読み込むためのソフトウェアを利用する方法です。これには次の2つのソフトウェアがあります。

HFSExplorerを使う方法

HFSExplorer はHFS+でフォーマットされたドライブを読み込むことができるソフトウェアです。JAVA で作られているので、Java Runtime をインストールする必要があります。
インストーラでインストールすると、スタートメニューに2つの項目が追加されています。
(1) HFSExplorer (2) Run HFSExplorer in Administration mode
どちらもHFSExplorerを起動するのですが、(2)は管理者権限を持ったユーザーとして起動します。(1)ではデバイスの認識が出来ないことがあるので、(2)の方を選択して起動します。
起動したら、Fileメニューから「Load file system from device …」を選択します。ダイアログが表示されるので「Autodetect…」ボタンをクリックします。
デバイスが認識できるとデバイスの選択ダイアログが表示されます。Harddisk0は内蔵HDDです。外付けは1以降の番号が振られます。
読み込みたいハードディスクを選択してダイアログを閉じると、ハードディスクの内容が表示されます。コピーしたい項目を選択して、「Extract」ボタンをクリックします。
この方法の短所は読み込みしか対応していないことです。
書き込みも出来るようにするには、MacDriveのような製品版のソフトウェアを使用する必要があります。

MacDrive 8 日本語版
MacDrive 8 日本語版

posted with amazlet at 10.12.17
イーフロンティア (2009-09-18)
売り上げランキング: 2212

関連記事

  1. HistoryEditor 1.5.2 Mac版を公開しました

  2. Mac Pro の強さはベンチマークの数字以外にもある

  3. ResEditのアイコンが出てきた

  4. Macで使えるMarkdownエディタ

  5. 外付けのSSDにOSを移動しました

  6. MOSADeN ONLINE 第24回の記事を入稿しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI