Xcode 10対応 : 古いヘッダーマップはサポートされなくなる

Xcode 10対応で古くからアップデートし続けているプロジェクトで以下の様な警告が出ました。

warning: Traditional headermap style is no longer supported; please migrate to using separate headermaps and set ‘ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS’ to NO.

これについて調べてみるとXcode 10のリリースノートに説明が載っていました。リリースノートによると、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」をオンにしたときに生成されるヘッダーマップは新しいビルドシステムでは対応しなくなったため、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」オプションは「NO」に変更する必要があるそうです。また、ヘッダーファイルの構文は以下の様に使い分けろと書かれていました。

// プロジェクト中のヘッダーファイル
#include "header-name.h"

// システムヘッダーファイル
#include <system-header-name.h>

この使い分け自体は昔からそうだったはずですが、上記のオプションによってどちらで書いても良いような動作をXcodeはしていましたね。

■参考ページ
Build System Release Notes for Xcode 10

関連記事

  1. SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

  2. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

  3. SSHのクライアント側のセットアップ

  4. AsciiDocのマークアップ早見表

  5. GPGのセットアップ方法

  6. Bitbucket Server で Git LFS を使う

最近の著書

最近の記事