Xcode 10対応 : 古いヘッダーマップはサポートされなくなる

Xcode 10対応で古くからアップデートし続けているプロジェクトで以下の様な警告が出ました。

warning: Traditional headermap style is no longer supported; please migrate to using separate headermaps and set ‘ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS’ to NO.

これについて調べてみるとXcode 10のリリースノートに説明が載っていました。リリースノートによると、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」をオンにしたときに生成されるヘッダーマップは新しいビルドシステムでは対応しなくなったため、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」オプションは「NO」に変更する必要があるそうです。また、ヘッダーファイルの構文は以下の様に使い分けろと書かれていました。

// プロジェクト中のヘッダーファイル
#include "header-name.h"

// システムヘッダーファイル
#include <system-header-name.h>

この使い分け自体は昔からそうだったはずですが、上記のオプションによってどちらで書いても良いような動作をXcodeはしていましたね。

■参考ページ
Build System Release Notes for Xcode 10

関連記事

  1. GPGの鍵の生成方法

  2. Ubuntu上でSwiftを使うためにCLionを試してみる

  3. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  4. Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

  5. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

  6. Mac OS X上でUUIDを作成する

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI