Xcode 10対応 : 古いヘッダーマップはサポートされなくなる

Xcode 10対応で古くからアップデートし続けているプロジェクトで以下の様な警告が出ました。

warning: Traditional headermap style is no longer supported; please migrate to using separate headermaps and set ‘ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS’ to NO.

これについて調べてみるとXcode 10のリリースノートに説明が載っていました。リリースノートによると、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」をオンにしたときに生成されるヘッダーマップは新しいビルドシステムでは対応しなくなったため、「ALWAYS_SEARCH_USER_PATHS」オプションは「NO」に変更する必要があるそうです。また、ヘッダーファイルの構文は以下の様に使い分けろと書かれていました。

// プロジェクト中のヘッダーファイル
#include "header-name.h"

// システムヘッダーファイル
#include <system-header-name.h>

この使い分け自体は昔からそうだったはずですが、上記のオプションによってどちらで書いても良いような動作をXcodeはしていましたね。

■参考ページ
Build System Release Notes for Xcode 10

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. iOS 13.4でWKWebViewがクラッシュするときはWebKit…

  2. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  3. コマンドライン引数でモックに差し替える

  4. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  5. Notarization Service の条件の緩和終了

  6. OpenCVのセットアップ方法 (macOSアプリ用)

  7. 【2021/1/28更新】 Xcodeの動作環境

  8. Apple Notarization Service に対応するための…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事