Macアプリのアイコンの設定方法 – Xcodeでのicnsの生成

高解像度に対応したIcnsファイルを作るには、次のような手順で行います。

  • 解像度が異なる複数の画像ファイルを作る
  • 一つのフォルダにまとめて「.iconset」という名前を付ける
  • Xcodeに設定する

解像度が異なる複数の画像ファイルを作る

次のようなサイズと解像度の画像ファイルを用意します。全部を用意できなくても大丈夫だと思います。

  • 16×16, 72dpi
  • 16×16, 144dpi
  • 32×32, 72dpi
  • 32×32, 144dpi
  • 128×128, 72dpi
  • 128×128, 144dpi
  • 256×256, 72dpi
  • 256×256, 144dpi
  • 512×512, 72dpi
  • 512×512@2x, 144dpi

これらのファイルを次の名前にして、一つのフォルダにまとめます。名前は必ずこの名前にする必要があります。「appname_512x512.png」のように書きたくなりますが、エラーになってしまいます。(このことに気が付くまで少し時間がかかりました)

  • icon_16x16.png
  • icon_16x16@2x.png
  • icon_32x32.png
  • icon_32x32@2x.png
  • icon_128x128.png
  • icon_128x128@2x.png
  • icon_256x256.png
  • icon_256x256@2x.png
  • icon_512x512.png
  • icon_512x512@2x.png

名前を設定したら「.iconset」という拡張子を付けたフォルダにまとめます。フォルダにまとめてから、フォルダの名前を変更した方が良いです。先に名前を変更すると、Finderでフォルダにドラッグ&ドロップ出来なくなります。フォルダの中を開いて、そのウインドウにドラッグ&ドロップは出来ますが。

Xcodeに設定する

Xcodeに設定します。まず、フォルダをXcodeに登録します。このときにフォルダ参照するようにします。次に、アプリのビルド設定で「COMBINE_HIDPI_IMAGES」をオンにします。これでアプリをビルドするときにicnsファイルが作られます。

ビルド時に作成されるicnsがアプリアイコンとして使われるようにするには、Info.plistファイルでビルドされる予定のアイコンファイルを設定します。例えば、「app.iconset」フォルダなら「app」を指定します。

関連記事

  1. Mac OS X上でUUIDを作成する

  2. Mac Miniで minidlna を動かす

  3. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

  4. セカンダリアプリ判定

  5. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  6. 犬用インスリン注射の打ち方

最近の著書

最近の記事