AppCodeの割り当てメモリを増やす

私は日頃、Macのアプリ開発にAppCodeを使用しています。iOSのアプリと比べてMacのアプリはプロジェクトやコードが巨大になることが多く、AppCodeで行っていると、動作が追いつかないような、緩慢な感じになってしまったり、ときにはフリーズしてしまうことなどがありました。

そのようなときはXcodeを使うのですが、AppCodeの割り当てメモリを増やすことで、巨大なプロジェクトやコードでも快適に動作するようになることが分かりました。きっかけはAppCodeのイベント通知。メモリが逼迫しているから増やせというものが表示されました。今までは表示されたことがなかった通知です。AppCode 2018.2で入った機能なのかもしれません。アップデートした直後に表示されました。

増やすには次の様に操作します。

  1. 「Help」メニューから「Edit Custom VM Options…」を選択する。
  2. 「-Xmx4096m」のように最大どこまで使って良いかを記述する。
  3. 「appcode.vmoptions」ファイルを閉じて、AppCodeを再起動する。

AppCodeはJavaで作られているので、割り当てメモリはJVM (Java Virtual Machine) の設定に従って決まるようです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Bitbucket Server で Git v2.2 以降が必要にな…

  2. Windows 7 SP1 のWindows Updateを成功させる…

  3. 犬用インスリン注射の打ち方

  4. SSHのクライアント側のセットアップ

  5. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  6. 【解決】Docker Composeで原因不明の認証エラー

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事