Markdownの編集環境をセットアップする

Markdownの編集環境をセットアップしたで、覚え書きも兼ねて記事にしました。

使用するアプリ

色々試して見たのですが、Atomが一番良さそうです。理由は次の3点です。

  • 標準状態でもMarkdownに対応している。
  • パッケージを追加すればかなり高度な所まで対応できる
  • 細かい部分の調整も出来そう

アプリのインストールとセットアップ

サイトからダウンロードしてインストールします。
自分の場合は、原稿を書くときに、意図して終わりに空白行を複数入れたりするので、それが消されないように設定します。
Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする
標準でもMarkdownに対応しているのですが、色々なタイプのドキュメントを書くときに便利なようにプレビューに使うパッケージを追加インストールします。
インストールするのは「Markdown Preview Enhanced」です。
更に「Markdown Preview Enhanced」と組み合わせて、Markdown中にUMLを埋め込めるようにします。UMLの記述方法の一つに、PlantUMLというプログラムの記法が有り、これを使うと、テキストでUMLを書けます。Markdown中に書いたPlantUMLのUMLを埋め込んでプレビュー出来るようにするため、Homebrew経由で以下の2つをインストールします。

  • pandoc
  • graphviz

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. [メモ] Bitbucket Serverのバックアップ設定

  2. Mac Miniで minidlna を動かす

  3. Bitbucket Server で Git v2.2 以降が必要にな…

  4. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  5. 犬用インスリン注射の打ち方

  6. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事