Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

書籍の原稿はセクション単位でファイルに分割しているのですが、後で結合したときにセクションの区切りが目立つように、わざと、空白行を5、6行入れています。
少し前からAtomを使い始めたのですが、デフォルトの設定では、Atomはこのわざと入れた空白行を削除してしまいます。
これを無効にしたい。と思い、やり方を調べました。
この処理は、標準で入っている「whitespace」というプラグインが行っていて、このプラグインの設定を変更すれば無効に出来ます。方法は次の通りです。

  1. 「Atom」メニューから「Preferences」を選択する。
  2. 「Packages」タブを開く。
  3. 「Installed Packages」の検索ボックスに「whitespace」と入力する。
  4. 「Core Packages」の中に「whitespace」が見つかるので、「Settings」ボタンをクリックして、「whitespace」の設定画面を表示する。
  5. 「Settings」の「Ensure Single Trailing Newline」というオプションをオフにする。

この設定で無効になり、わざと入力したファイル末の空白行が削除されないようになりました。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Markdownの編集環境をセットアップする

  2. AtomはUndo情報も覚えている

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事