【プログラミングの世界 Vol.2】ゲームブックに夢中だった日

私のプログラミングへの興味は「ゲームを作れる」ということでした。そのため、今でも心の根底にはゲームを作りたいという気持ちがあります。しかし、未だにゲームは作っていません。理由は色々ですが、それ以上に作りたいものややりたいことが多いからです。気が向かないとも言えます。

ゲームブックに夢中だった

皆さんはゲームブックはご存じでしょうか?ゲームブックは小説なのですが、普通の小説とは少し違います。比較的短いセクション単位で項番が振られています。本の先頭から読み始めると、セクションの終わりに選択肢が現れます。例えば次のようなイメージです。

村へ行く 10ページ 13へ
この場所で野宿する 8ページ 9へ

読者は自分で選択した結果に合わせたセクションへ進めます。このように選択していくことで結果が変わっていくのです。間違ったルートを突き進んでしまうと次のようなバッドエンドもあるでしょう。

勇者たち一行は罠にはまり、抜け出せなくなってしまった END

また、敵との戦闘もあります。HPがゼロになってしまったら負けです。HP(ヒットポイント)の管理は自分で行います。書籍の中に記録するページがあり、鉛筆で書き換えながら管理します。

現在も人気がある「ドラゴンクエスト」シリーズのゲームブックを良く読んでいました。確か、ドラゴンクエスト3です。私だけでは無く、友達もゲームブックを読んでいて、公園でお互いのゲームブックを見せ合って、遊んでいるときにふと思いつきました。

ゲームブックをBasicでプログラムに出来ないかな?
HPの管理はプログラムにさせる。選択肢によって表示する文章を変えるようにすれば、出来るかな?

早速、作り始めて見ました。今にして思えばとても単純なプログラムです。HPは変数で管理して、「PRINT」関数で文章を出力して、選択肢によって、「GOTO」でジャンプする。これで作れそうと考えてしばらく取り組みました。

しかし、本一冊を作る事は出来ませんでした。当時の私はブラインドタッチも出来ず、キーボードを使った入力にはとても時間がかかりました。また、入力している間に飽きてしまいました。しかし、出来たところまで実行してみると、とても楽しかったのを覚えています。

当時、グラフィックのことなどは全く考えませんでした。思えば、この頃から見た目よりもロジックの方に興味があったのかもしれません。

… 続く

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

著書の紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする