Bitbucket Server で Git v2.2 以降が必要になりソースインストールした

Bitbucket Serverをv5.3.0にアップデートしたところ、Gitのバージョンが古いというエラーが出てしまいました。確認すると、Git v2.2以降が必要になったのですが、CentOS 7でyumを使ってインストールされるGitはv1.8だったのです。そこで、ソースコードインストールを行うことにしました。

◆Gitのソースコードインストールの手順

公式サイトに手順が書かれているので、それに従ってインストールします。一部、自分の環境に合わせて追加操作がありました。
Gitの公式サイトはこちら
(1) 依存関係のあるパッケージをインストールする。
$ yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
(2) 公式サイトに掲載されていたのは(1)なのですが、途中で足りないというエラーが出てしまったので、以下の様にして追加インストールします。
$ yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
(3) ソースコードをダウンロードして、ビルドします。この記事を書いた時点での最新版は「git-2.14.1.tar.gz」でした。
$ tar -zxf git-2.14.1.tar.gz
$ cd git-2.14.1
$ make prefix=/usr/local all

(4) 依存関係のあるパッケージをインストールしたときに、git v1.8がインストールされてしまうので、削除します。
$ yum remove git
(5) ビルドした最新版をインストールします。
$ sudo make prefix=/usr/local install
これでインストール出来て最新版に上がるのですが、単純に「git」と入力したときに削除した方のパスを参照してしまい、「/usr/bin/git」が無いというエラーが出てしまいました。他の方法もあると思いますが、手っ取り早く再起動すると直りました。
そして、Bitbucket Server v5.3.0も正常に稼働しました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 自分にとってのチケット駆動開発

  2. GitHubにGPGで署名してコミットする

  3. SSHキーの設定を行ったらSourceTreeが動くようになった

  4. [メモ] Bitbucket Serverのバックアップ設定

  5. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  6. Bitbucket Server で Git LFS を使う

  7. Gitから変更されたファイルだけ取り出す方法

  8. GitLabへの移行

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事