Confluenceで日報を書く

Confluenceで日報を書くことにしました。今までは、週報を書くときにJIRAをチェックして、完了しているチケットを見て、書いていましたが、それだと漏れてしまうので。それと、「SOFT SKILLS」を読んで、やっぱり書こうと思った次第です。

どうまとめるか?

どうまとめるかですが、Confluenceのナレッジベースのテンプレートを参考にしました。「日報」というページを作り、その子ページとして日報を追加するという形式です。更に、ナレッジベースの「How To記事」のように、「日報」ページに日報の一覧と追加ボタンが表示されるというスタイルにします。

日報ページを作る

次のようにしました。
(1) 「日報」というテンプレートを作る。内容は次の3つの見出しを付けたシンプルなページにしました。運用しながら必要な項目を追加します。また、「daily-report」というタグを付けます。

  • 行った作業
  • 明日の予定
  • その他

(2) ナレッジベースの「How To記事」ページ(一覧と追加ボタンが表示されているページ)をコピーして、「日報」にします。
 
(3) ページを編集モードにして、「追加」ボタンのマクロを次のように変更します。
ボタンテキスト: 日報追加
テンプレート名: 日報
作成するページのタイトル: 日報 – @currentDate
 
(4) 一覧を表示するマクロを次のように変更します。
Label(s) : daily-report
Space(s): ~akira
スペースは自分の場合はパーソナルスペースにしました。
 
(5) サイドバーの「スペースショートカット」に「日報」ページを追加

やってみると

ちょっとした設定ですが、このような形で少しでも書くときに必要な作業が減るようなことをしておくと、意外と「書く」というモチベーションが上がるなと思いました。
更に、同じ要領で「週報」を書いてまとめるための設定をしておくと良さそうです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. PostgreSQLのセットアップ

  2. セットアップは楽にしないとダメですね

  3. 明けましておめでとうざいます

  4. VirusBarrier Serverのセットアップ

  5. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

  6. 気づけばSwiftは1.2になっていた

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事