macOSへのPython 3の導入

少し前からMac上でPythonを使っています。Macには最初からPythonが入っているので、開発時に必要な作業を自動化するときなど、ちょっとしたツールを作りたいときに便利です。しかし、ここで一つ困ったことがあります。Macに標準で入っているのは、Python2です。Python3ではありません。
この記事を書いているマシンには macOS 10.12.2 が走っています。ターミナルで次のように入力して、Pythonのバージョンを確認してみました。
$ python3 --version
-bash: python3: command not found
つまり、Python3はインストールされていません。気を取り直して。
$ python --version
Python 2.7.10
やはり、標準でインストールされているのはPython 2でした。

Python 3をインストールする

Python 3をインストールするには次のような方法があります。

  • HomeBrewなどのパッケージ管理ツールを使う
  • PyEnvを使う
  • 公式サイトからインストーラをダウンロードしてインストールする

私はHomeBrewを使いました。理由は次の通りです。

  • インストールとアンインストールがどちらも容易
  • PyEnvはシェル開始時に実行するようにするスクリプトが若干重い (Mac Pro Late 2013でも何度も使っていると重いと感じました)

HomeBrew経由でインストールするには、ターミナルで次のように入力します。
$ brew install python3
インストールが終わったら、インストールされたPython3のバージョンを確認してみます。
$ python3 --version
Python 3.6.0
この記事を執筆している時点での、公式サイトの最新版は次の通りです。
Python 3.6.0
HomeBrew経由で最新版をインストールできました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. ResEditのアイコンが出てきた

  2. Gitへの移行

  3. [お知らせ] 「Safariとエクステンションの連携」というタイトルで…

  4. Apple Watchのアクティビティがいい!

  5. BambooでiOSアプリの継続的ビルド&テストを行う

  6. HDDが壊れるときは突然やってくる

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事