Parallelsのキーボードショートカット設定の変更に気が付いた

Parallelsを使って仮想化したmacOSを使っていて、とても不満に思っていたことがあります。それは、「アプリを隠す」のショートカットです。
複数のアプリを使って作業していて、別のアプリに切り替えるときに、私は頻繁に「Cmd+H」で最前面アプリを隠すという操作をします。このときに、Parallelsの設定では仮想マシンの中の最前面アプリが非表示にならず、Parallelsが非表示になってしまうという動作をします。これが不満でした。
ところが、この動作、設定で変更することが出来たことに気が付きました。やり方は「環境設定」を選択して、「Appショートカット」で「Windowsを隠す」のチェックを外すだけ。「他のアプリを隠す」も頻繁に使うので、「他のWindowsを隠す」のチェックも外しました。
設定を行ってから仮想マシンを起動すると、Parallelsのメニューにはショートカットが表示されたままですが、「Cmd+H」を押すと、仮想マシンの中の最前面アプリが非表示になるようになります。
「Cmd+Tab」のアプリ切り替えも仮想マシン内で行われる様にParallelsはなっているので、この設定で、実機と同じ間隔で作業出来るようになりました。
 

関連記事

  1. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

  2. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

  3. AsciiDocのマークアップ早見表

  4. AppCodeの割り当てメモリを増やす

  5. リリース済みのアプリのApple Notarization Servi…

  6. 犬用インスリン注射の打ち方

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI