古いOSは段々アプリが減ってくる

業務で使用している開発環境の中に OS X 10.8 のものがあります。古いOSですが、ビルドに必要なプログラムの関係で、どうしてもこのOSを使う必要があります。困るのが、段々と使えるアプリが減ってきていることです。最近、Chromeもアップデートの対象から外れました。
Chromeがアップデート対象から外れても困らないのですが、SourceTreeが動作対象から外れてしまったのは、少し痛いです。この記事を書いている時点のSourceTreeの最新バージョンはver2.3.1というバージョンです。このバージョンの動作環境はOS X 10.10 Yosemite以降。OS X 10.8 Mountain Lionは対象外で起動すら出来ません。

OS X 10.8でもSourceTreeを使いたい

OS X 10.8でもSourceTreeを使いたい。ターミナルからCUIだけでやるのは辛い。
実は、古いバージョンをバックアップしてあったので、それを使っています。
但し、クリーンインストールしたOS X 10.8で、バックアップしておいたSourceTree ver2.0.5.8を使おうとすると、内蔵のGitが動きません。どうもOS X 10.8では使えないライブラリとリンクしているようなログが出ます。内蔵のGitではなく、別インストールしたGitを使うようにしています。設定方法は次の通りです。

  1. 「SourceTree」メニューから「Preferences」を選択する
  2. 「Git」タブを選択する
  3. 「システムのGitを使用する」をクリックする
SourceTree 2.0.5.8 の環境設定のGitタブ

SourceTree 2.0.5.8 の環境設定のGitタブ

最新OSを使っていれば関係無い?

最新OSを使っていれば、SourceTreeの最新版が恐らく使えるので関係無いと思うかもしれませんが、SourceTreeに内蔵されている以外のバージョンのGitを使いたいというようなときは、上記のような設定を行うと使うことができます。私自身はSourceTreeから使える機能しか使っていないので、素直に内蔵のGitを使っていますが。。。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Wordの見出しに段落番号を自動的に付ける方法

  2. Mac Miniで minidlna を動かす

  3. Markdownの編集環境をセットアップする

  4. Edgeのアドレスバーの検索エンジンの変更方法

  5. Wordの見出しに罫線や背景色を付ける

  6. iOSやmacOSでのログ出力はASL API

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事