Parallels desktop 12 Pro Edition にアップグレードしてパフォーマンスをチェックしてみた

Parallels desktop 12 が先週末にリリースされました。今日、Parallelsを起動するとアップグレードの案内が表示されて気が付きました。Pro Edititionユーザー向けにもリリースされ、早速インストールして試してみました。

私がParallelsやVMware fusionを使っている理由は、特定のバージョンのXcodeでビルドする必要があるライブラリが有り、それをビルドするために、OS X 10.8が必要だからです。現在使っているメインマシンはOS X 10.8は起動しません。OS X 10.8が起動するマシンも使える状態にはなっているのですが、常に仮想化の進化に期待していて、仮想マシンを優先して使っています。どうしても実機でデバッグする必要があるときは、旧マシンを使用します。

行ったのは、パフォーマンスチェックです。MacPro Early 2009でビルドするのに、22分かかるプロジェクトがあります。これを仮想マシンでビルドしたときに、実機とほぼ近いパフォーマンスが出ているかの確認です。仮想マシンを走らせるマシン、MacPro Late 2013。OSはEl Capitanです。仮想マシンは、SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのそれぞに置いて試します。割り当てるCPUのプロセッサ数は4つ、RAMは8192MBです。

Parallels desktop 11では、プロセッサ数が2つで、54分かかりました。4つにした場合は、なぜか仮想マシンがクラッシュしてしまったので、計測できずでした。

Parallels desktop 12では、プロセッサ数4つでもクラッシュせずにビルド出来、22分でした。SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのどちらでも同じ結果でした。体感的にもストレージ速度は向上していると思いますが、数字で確認したかったので、プロセッサ数を2つにして、Parallels desktop 12で計測してみました。すると、USB 3.0 HDDで34分となりました。

VMware fusion 8 Professionalでは、同じ条件で、SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのどちらも26分でした。

表にまとめると次のようになります。

仮想化ソフト CPUプロセッサ数 イメージの保存場所 ビルドに要した時間
Parallels desktop 11 2 USB 3.0 HDD 54分
Parallels desktop 11 4 USB 3.0 HDD 原因不明のクラッシュ
Parallels desktop 12 2 USB 3.0 HDD 34分
Parallels desktop 12 4 USB 3.0 HDD 22分
Parallels desktop 12 4 Thunderbolt SSD RAID 22分
VMware fusion 8 4 USB 3.0 HDD 26分
VMware fusion 8 4 Thunderbolt SSD RAID 26分

Parallels desktop 12とVMware fusion 8では、Parallelsの方がストレージのパフォーマンスが良かったという結果になりましたが、VMwareはメジャーアップグレードから1年経っています。次のメジャーアップグレードでは、結果がまた変わるかもしれません。

Parallels desktop 12とParallels desktop 11の比較結果では、パフォーマンスが大きく向上しているようです。

また、ビルドに必要な時間はMacPro Early 2009の実機を使ったものとほぼ同じになりましたので、十分満足できる結果です。また、SSDとHDDで違いが出なかったので、容量に余裕がある、HDDの方に安心して仮想マシンを置けます。

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

著書の紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする