Parallels desktop 12 Pro Edition にアップグレードしてパフォーマンスをチェックしてみた

Parallels desktop 12 が先週末にリリースされました。今日、Parallelsを起動するとアップグレードの案内が表示されて気が付きました。Pro Edititionユーザー向けにもリリースされ、早速インストールして試してみました。
私がParallelsやVMware fusionを使っている理由は、特定のバージョンのXcodeでビルドする必要があるライブラリが有り、それをビルドするために、OS X 10.8が必要だからです。現在使っているメインマシンはOS X 10.8は起動しません。OS X 10.8が起動するマシンも使える状態にはなっているのですが、常に仮想化の進化に期待していて、仮想マシンを優先して使っています。どうしても実機でデバッグする必要があるときは、旧マシンを使用します。
行ったのは、パフォーマンスチェックです。MacPro Early 2009でビルドするのに、22分かかるプロジェクトがあります。これを仮想マシンでビルドしたときに、実機とほぼ近いパフォーマンスが出ているかの確認です。仮想マシンを走らせるマシン、MacPro Late 2013。OSはEl Capitanです。仮想マシンは、SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのそれぞに置いて試します。割り当てるCPUのプロセッサ数は4つ、RAMは8192MBです。
Parallels desktop 11では、プロセッサ数が2つで、54分かかりました。4つにした場合は、なぜか仮想マシンがクラッシュしてしまったので、計測できずでした。
Parallels desktop 12では、プロセッサ数4つでもクラッシュせずにビルド出来、22分でした。SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのどちらでも同じ結果でした。体感的にもストレージ速度は向上していると思いますが、数字で確認したかったので、プロセッサ数を2つにして、Parallels desktop 12で計測してみました。すると、USB 3.0 HDDで34分となりました。
VMware fusion 8 Professionalでは、同じ条件で、SSD RAIDとUSB 3.0 HDDのどちらも26分でした。
表にまとめると次のようになります。

仮想化ソフト CPUプロセッサ数 イメージの保存場所 ビルドに要した時間
Parallels desktop 11 2 USB 3.0 HDD 54分
Parallels desktop 11 4 USB 3.0 HDD 原因不明のクラッシュ
Parallels desktop 12 2 USB 3.0 HDD 34分
Parallels desktop 12 4 USB 3.0 HDD 22分
Parallels desktop 12 4 Thunderbolt SSD RAID 22分
VMware fusion 8 4 USB 3.0 HDD 26分
VMware fusion 8 4 Thunderbolt SSD RAID 26分

Parallels desktop 12とVMware fusion 8では、Parallelsの方がストレージのパフォーマンスが良かったという結果になりましたが、VMwareはメジャーアップグレードから1年経っています。次のメジャーアップグレードでは、結果がまた変わるかもしれません。
Parallels desktop 12とParallels desktop 11の比較結果では、パフォーマンスが大きく向上しているようです。
また、ビルドに必要な時間はMacPro Early 2009の実機を使ったものとほぼ同じになりましたので、十分満足できる結果です。また、SSDとHDDで違いが出なかったので、容量に余裕がある、HDDの方に安心して仮想マシンを置けます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Parallelsのキーボードショートカット設定の変更に気が付いた

  2. 仮想環境と古いXcodeそして古いOS

  3. 古いOS対応アプリを最新Xcodeで作る

  4. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  5. ParallelsのUSB制御がとても良くなっている

  6. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事