AtomはUndo情報も覚えている

最近、Atomを使っています。数日、経って気が付いたのですが、AtomはUndo情報も覚えているのですね。
Atomはアプリ終了時に開いていたファイルを復帰してくれます。このときに、Undo情報も復帰します。たとえば、Atomでテキストを編集し、そのままアプリ終了。翌日、Atomを起動し、Undoを実行すると、テキストの編集が取り消される。もちろん、Redoも可能なので、やり直しでまた編集状態に戻せます。
逆にどのタイミングで忘れるのかな?ということが気になり、試していくと、明示的にファイルを閉じたときに忘れるようです。
Atomの中では、アプリの終了と起動は、そのままの状態を保存しておいて、復元するという考え方なのですね。

関連記事

  1. NSURLSessionのメモリの扱いについてメモ

  2. Obj-Cメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思う

  3. Evernoteの情報が増えてきたら不思議な体験が始まった

  4. Mac OS X ServerでのSubversionのセットアップ

  5. テレビに付けるデバイスが楽しい

  6. PHP PEARのMDB2のメソッド

最近の著書

最近の記事