Simplicityをアップデート

このサイトはWordPressを使って運用しています。WordPressではテーマを選択するだけで、デザインを大きく変更でき、テーマによっては様々な機能を持っています。標準でもレスポンシブ対応しているテーマなどがあり、高機能なのですが、この記事を執筆している時点では「Simplicity」というテーマを使っています。
Simplicityは、内部SEO対策が行われている高機能なテーマです。今朝まではバージョン1.9.3を使っていたのですが、いつの間にか、Simplicity2となっていて、バージョン2.2.6というバージョンが公開されていました。アップデートしてみました。
ダウンロードページにはSimplicity1から2への移行は大変そうなことが書かれていますが、最後に一言、安心な言葉が書かれていたので移行しました。

仮に、移行に失敗したとしても、管理画面から1系のテーマを有効化するだけで元に戻るので、あまり身構える必要もないと思います。

実際にやってみると、有効化をクリックしても有効化されないという問題が起きました。一度、Simplicity1から別のテーマを有効化して、改めて、Simplicity2を有効化すると、正常に有効化されました。設定は半分クリアされていて、半分クリアされていないという状態でした。目立ったところを設定し、後は、気が付いたものを順次適用しようと思います。
挙動が変わった点もありました。iPhoneで表示したときに、画面よりも大きな横幅のヘッダファイルを設定しておいたのですが、画面の横幅に合わせて縮小されるようになりました。どこかで挙動を変更できると思いますが、とりあえずは、テーマに付属のものを表示する様にしました。
Simplicityについては、こちらをご覧ください。
Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Webサイト全体をHTTPS化

  2. お問い合わせフォームのリニューアル

  3. Webサイトのデザインリニューアル

  4. WordPressで記事が古いときにメッセージを表示する

  5. Webサイトのリニューアル その2

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事