Windows 7 SP1 のWindows Updateを成功させるには

メインストリームサポートが終了してしまった Windows 7 ですが、必要になり、クリーンインストールを行いました。久しぶりの画面だなと思いながら、Windows Updateを開始しました。
しかし、初回のWindows Updateは時間が非常にかかることは分かっていましたが、流石におかしいと感じました。既に実行してから7時間くらい経過していますが、一向に検索中の状態を抜けません。時間がかかるとは言っても、以前、実行していたときは数十分程度だったはずです。
調べてみると、Windows 7 に元々入っているWindows Update のクライアントとサーバー側の互換性が無くなってしまっているようです。Windows Update ClientやWindows Update Serviceのアップデートなどを個別で試してみましたが、状況は変わりませんでした。
最終的に上手く出来た方法は、「WSUS Offline Update」を使うというものです。
WSUS Offline Update」 のサイトから最新版をダウンロードし、Windows Updateを使わずに、最新の状態までアップデートします。
WSUS Offline Update」で一通りアップデートが完了すると、Windows Updateが使える状態までアップデートされます。後は、Windows Updateで残りのアップデータを適用して完了です。
こんな大変なことになっているとは思いませんでした。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. AppCodeの割り当てメモリを増やす

  2. Parallelsのキーボードショートカット設定の変更に気が付いた

  3. Markdownの編集環境をセットアップする

  4. Mac Miniで minidlna を動かす

  5. SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

  6. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事