気づけばSwiftは1.2になっていた

Swiftのブログに「Swift 1.2 and Xcode 6.3 beta」という記事が掲載されました。
Swiftが正式になってから、まだ、半年ぐらいですが、もう1.2になってしまったようです。意欲的にパワーアップしていくのは、技術好きとしては楽しい。だけど、追いかけるのも大変だなと感じてしまいました。
内容を見てみると、使いやすくしよう!性能を向上させようという意欲が感じられます。その中で、あまり大きな扱いにはなっていないのですが、ネイティブの「Set」が追加されたそうです。Swift 1.0が出たときに何で無いのだろう?と思っていたものでした。
SwiftはFoundationフレームワークも使えるし、Objective-C由来のクラスも使える。そもそもとして、iOSのアプリやOS Xのアプリ開発で、Foundationフレームワークを切り離すことは不可能なので、「NSSet」クラスを使えば良いと思っているのですが、ネイティブの「Set」の方がSwift特有のことができると思います。
◇参考
Swift 1.2 and Xcode 6.3 beta

関連記事

  1. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

  2. OpenCLと他の並列化技術との比較雑感

  3. ADT上にJUnitを使ったテスト環境を設定する

  4. 名著百選が開催です

  5. [お知らせ] C言語逆引きハンドブックのPDF版の販売が始まりました

  6. 色々試した末、Fire TVにしました

最近の著書

最近の記事