気づけばSwiftは1.2になっていた

Swiftのブログに「Swift 1.2 and Xcode 6.3 beta」という記事が掲載されました。
Swiftが正式になってから、まだ、半年ぐらいですが、もう1.2になってしまったようです。意欲的にパワーアップしていくのは、技術好きとしては楽しい。だけど、追いかけるのも大変だなと感じてしまいました。
内容を見てみると、使いやすくしよう!性能を向上させようという意欲が感じられます。その中で、あまり大きな扱いにはなっていないのですが、ネイティブの「Set」が追加されたそうです。Swift 1.0が出たときに何で無いのだろう?と思っていたものでした。
SwiftはFoundationフレームワークも使えるし、Objective-C由来のクラスも使える。そもそもとして、iOSのアプリやOS Xのアプリ開発で、Foundationフレームワークを切り離すことは不可能なので、「NSSet」クラスを使えば良いと思っているのですが、ネイティブの「Set」の方がSwift特有のことができると思います。
◇参考
Swift 1.2 and Xcode 6.3 beta

関連記事

  1. Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップ…

  2. 執筆ツールとしてWikiServerを使ってみる

  3. Macで使えるMarkdownエディタ

  4. バンドル版のOpenOffice.orgのパーミッションに注意

  5. MSM 2019 in 原宿 のレポートページが公開されました

  6. Outlook 2007 が突然起動しなくなってしまったときの解決方法…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI