Swiftではコードのエラー判定は強めに

最近、Swiftでコードを書いていて、思いました。Swiftではコードのエラー判定や予防策は、C言語やC++でコードを書いているように、強めにした方が良いと。Objective-Cの場合、インスタンスが「nil」なら何もしないとか、例外が起きてもキャッチできるとかがありますが、Swiftでは、問答無用で落ちます。例外もキャッチできません。例外についてはARCの絡みとかがあるようです。
C++の場合、NULLアクセスやバッファーオーバーランとかは駄目ですが、例外を取り合えず投げて外でキャッチするとか、Objective-Cでも、最終手段は例外で抑えるというようなことが出来ますが、Swiftでは出来ません。現時点では。Objective-Cで例外を気にするケースというのは比較的少ないですが、NSFileHandleとかを使うと例外を気にしないとまずいです。
Objective-Cの感覚でいると、必要なエラー判定や予防が抜けそうなので、C言語やC++の感覚を持ってコーディングした方が良いようです。特にNULLチェック。

関連記事

  1. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

  2. MOSADEN ONLINE 第25回の原稿を入稿しました

  3. 外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

  4. Wordのファイルの結合

  5. Macを起動するときのキーコンビネーション

  6. Gitへの移行 – その2

最近の著書

最近の記事