Swiftではコードのエラー判定は強めに

最近、Swiftでコードを書いていて、思いました。Swiftではコードのエラー判定や予防策は、C言語やC++でコードを書いているように、強めにした方が良いと。Objective-Cの場合、インスタンスが「nil」なら何もしないとか、例外が起きてもキャッチできるとかがありますが、Swiftでは、問答無用で落ちます。例外もキャッチできません。例外についてはARCの絡みとかがあるようです。
C++の場合、NULLアクセスやバッファーオーバーランとかは駄目ですが、例外を取り合えず投げて外でキャッチするとか、Objective-Cでも、最終手段は例外で抑えるというようなことが出来ますが、Swiftでは出来ません。現時点では。Objective-Cで例外を気にするケースというのは比較的少ないですが、NSFileHandleとかを使うと例外を気にしないとまずいです。
Objective-Cの感覚でいると、必要なエラー判定や予防が抜けそうなので、C言語やC++の感覚を持ってコーディングした方が良いようです。特にNULLチェック。

関連記事

  1. MOSA Software Meeting 2010で講師をします

  2. RKTextConverter 1.0.0公開

  3. もうマウスには戻れない

  4. Swift逆引きハンドブックのSwift 3.0対応についての情報を公…

  5. Gitへの移行

  6. HistoryEditor 1.5.1 Mac OS X版を公開しまし…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI