Swiftではコードのエラー判定は強めに

最近、Swiftでコードを書いていて、思いました。Swiftではコードのエラー判定や予防策は、C言語やC++でコードを書いているように、強めにした方が良いと。Objective-Cの場合、インスタンスが「nil」なら何もしないとか、例外が起きてもキャッチできるとかがありますが、Swiftでは、問答無用で落ちます。例外もキャッチできません。例外についてはARCの絡みとかがあるようです。
C++の場合、NULLアクセスやバッファーオーバーランとかは駄目ですが、例外を取り合えず投げて外でキャッチするとか、Objective-Cでも、最終手段は例外で抑えるというようなことが出来ますが、Swiftでは出来ません。現時点では。Objective-Cで例外を気にするケースというのは比較的少ないですが、NSFileHandleとかを使うと例外を気にしないとまずいです。
Objective-Cの感覚でいると、必要なエラー判定や予防が抜けそうなので、C言語やC++の感覚を持ってコーディングした方が良いようです。特にNULLチェック。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 「STAssertEqualObjects」で「NSData」の違いは…

  2. 仮想環境と古いXcodeそして古いOS

  3. OpenCLと他の並列化技術との比較雑感

  4. Mac版のWordで設計書を作るとき

  5. Evernoteの情報が増えてきたら不思議な体験が始まった

  6. RKDetailDesign 1.6.3

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事