Swiftではコードのエラー判定は強めに

最近、Swiftでコードを書いていて、思いました。Swiftではコードのエラー判定や予防策は、C言語やC++でコードを書いているように、強めにした方が良いと。Objective-Cの場合、インスタンスが「nil」なら何もしないとか、例外が起きてもキャッチできるとかがありますが、Swiftでは、問答無用で落ちます。例外もキャッチできません。例外についてはARCの絡みとかがあるようです。
C++の場合、NULLアクセスやバッファーオーバーランとかは駄目ですが、例外を取り合えず投げて外でキャッチするとか、Objective-Cでも、最終手段は例外で抑えるというようなことが出来ますが、Swiftでは出来ません。現時点では。Objective-Cで例外を気にするケースというのは比較的少ないですが、NSFileHandleとかを使うと例外を気にしないとまずいです。
Objective-Cの感覚でいると、必要なエラー判定や予防が抜けそうなので、C言語やC++の感覚を持ってコーディングした方が良いようです。特にNULLチェック。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事