Xcodeの外部エディタを設定して効率アップ

XcodeのFileメニューには「Open With External Editor」というコマンドがあります。これは、Xcodeで編集中のファイルを外部エディタで開くコマンドです。このコマンドで対象となるファイルは、編集エリアがアクティブなら編集中のファイル、プロジェクトナビゲータがアクティブなら、選択中のファイルです。
アプリに組み込む画像ファイルをXcodeで表示していて、編集したいときやその中の座標を知りたいときに、別のアプリを使いたいときなどに「Open With External Editor」機能が便利です。PNGなどは標準では、プレビュー.appになっていますが、これを自分が愛用している画像編集のアプリに関連づけしてしまえば、次のような操作ができて、作業効率が上がります。

  1. 「Command + Shift + O」を押す
  2. 画像ファイルの名前を入れる(ファイル名の途中でも、一部でもマッチすれば、Xcodeは開いてくれるので便利です)
  3. 「File」メニューから「Open With External Editor」を実行
  4. 関連づけたアプリでファイルが開く

ファイル数が大量になってくると、画像ファイルを見つけるのも大変だったりします。Finderで、いちいち選択して、アプリにドラッグ&ドロップも面倒。コードを見ていて、ファイル名が出てきて、それを開きたいなんて時にも便利です。
更に、「Open With External Editor」にショートカットキーを割り当ててしまえば、3の操作もキーボードからできるので、いっそう効率的です。

Finderでの関連づけの設定方法

Finderで特定の拡張子のファイルとアプリを関連づける方法は次のようにします。

  1. ファイルを選択する
  2. Command + I を押す (「ファイル」メニューから「情報を見る」を選択)
  3. 「このアプリケーションで開く」のポップアップボタンでアプリを選択
  4. 「すべてを変更」をクリック

 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Notarization Service の条件の緩和終了

  2. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

  3. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  4. Apple Notarization Service に対応するための…

  5. 仮想環境と古いXcodeそして古いOS

  6. MacアプリのUITestingで User Defaults を制御…

  7. OpenCVのセットアップ方法(iOSアプリ用)

  8. OpenCVのセットアップ方法 (macOSアプリ用)

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事