XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる

Xcode 5.1で気がついたのですが、Xcodeからリファレンスを表示して、検索すると開発中のソフトに合わせた方のドキュメントを表示してくれるようになったようです。
この文章だとわかりにくいので、例を挙げると次のようになりました。
(A) iOSアプリのプロジェクトを開いているとき

  1. Xcodeの「Help」メニューから「Documentation and API Reference」コマンドを選択し、「NSString」を検索する。
  2. 「Top Hits」で表示された「NSString」を選択する。
  3. iOS 用の「NSString」のドキュメントが表示される。

(B) OS Xアプリのプロジェクトを開いているとき

  1. Xcodeの「Help」メニューから「Documentation and API Reference」コマンドを選択し、「NSString」を検索する。
  2. 「Top Hits」で表示された「NSString」を選択すると、
  3. OS X用の「NSString」のドキュメントが表示される。

Xcode 4.xまでは両方とも「Top Hits」に表示されていました。OSのバージョンで、サポートされているかどうかを知りたいときは、切り替えるか、設定を変えておいて、片方しか出ないようにするなどをしないとだめでした。

●表示する方を指定したい

通常は、iOSアプリを開発しているときに、OS X側のドキュメントを見たいや、その逆ということは少ないですが、私の場合はゼロではありません。設定はどう変えるのかと探してみると、検索ボックスの虫眼鏡アイコンをクリックすると出てきました。

Xcode 5.1のリファレンスの設定

Xcode 5.1のリファレンスの設定


この中から表示したいドキュメントを選択すればよいようです。

●iOSアプリとOS Xアプリの両方を開いているときはどうなる?

ここで疑問に思ったのが、iOSアプリのプロジェクトとOS Xアプリのプロジェクトを両方開いているときはどうなるのかということです。試してみると、どちらのアプリのプロジェクトが上側に来ているかで決めているようです。たとえば、両方開いていても、最後に最前面に持ってきたものがiOSアプリのプロジェクトなら、上側に来ているのはiOSアプリのプロジェクトなので、iOS用のドキュメントが表示されました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 内部の作業環境のインフラ整備

  2. VMware Fusion 4 でのLionのインストール方法

  3. Nexus7完全放電から復活まで

  4. クラスのモダン化

  5. 気づけばSwiftは1.2になっていた

  6. Tomcat AJPポートは「8380」を指定する

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事