この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。 This article was written over a year ago. Please be aware that the information may be old.

Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパケット解析

USBの機器を自作して、PCにつなぎたいときや、USB機器のデバイスドライバを開発したいときなどにとても便利なのがUSBプロトコルアナライザですが、個人的に趣味で持つには高価な機械です。そこで、限定された条件の下でも良いので、代替できるような方法が無いか調べてみました。WindowsやLinuxでは、USBのパケットをダンプするような方法があるようですが、今回探しているのはMacと接続したときのデータを取得する方法です。

調べていくと、一つだけ方法が見つかりました。次のサイトのチュートリアルで紹介されていました。

the Virtual USB Analyzer – Tutorial

内容はVMwareを使う方法です。VMwareには、デバッグモードでUSBのパケットをログに落とす機能があるようです。この機能を使うには、仮想PCのファイルで拡張子が「vmx」となっているファイルを、テキストエディタで開き、次のような設定を追加します。


monitor = "debug"
usb.analyzer.enable = "TRUE"
usb.analyzer.maxLine = 8192

Mac上では、仮想PCファイルは一つのパッケージになっているので、仮想PCファイルを右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選択すると、「vmx」という拡張子を持ったファイルが見つかります。

次に、仮想PCを起動します。仮想PCが起動したら、USB機器を接続し、VMware側に接続するようにします。後は、必要な作業を行うと、USBのパケットがログに落ちます。

必要なログを取ったら、次のようにして、ログからUSBに関するものだけを抽出します。


cd 仮想PCパッケージ
grep USBIO vmware.log | gzip > usb.log.gz

次に、「Virtual USB Analyzer」(上記のチュートリアルページからダウンロードページにリンクが張られています)をダウンロードして、実行します。これもMac上でできれば良かったのですが、必要なファイルをインストールしてもエラーになってしまったので、Ubuntu Linux上で実行しました。Ubuntu Linuxから、次のようにしてダウンロードとインストールができます。


apt-get install vusb-analyzer

日本語環境で作成したログの場合、このままでは、うまく読めませんでした。日時の書式が異なるためです。本当は良くないのですが、apt-getでインストールした、vusb-analyzerの次のファイルを書き換えます。書き換えるのは、ファイルは「/usr/lib/vusb-analyzer/VUsbTools/Log.py」です。

検索すると次のような行が見つかります。


parsed = time.strptime(stamp, "%b %d %H:%M:%S")

これを


parsed = time.strptime(stamp, "%Y-%m-%dT%H:%M")

とすると、読み込めるようになります。

後は、次のようにターミナルから起動します。


vusb-analyzer usb.log.gz

全部のパケットが正しく拾えているのかは確認していないのですが、何となく拾えているような。。。

[PR] 著書をちょっと宣伝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする