この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。 This article was written over a year ago. Please be aware that the information may be old.

テスト用デバイスのケース追加

Bluetooth LEテストデバイス用にケースを追加しました。用意したのは、Seeed StudioスケルトンボックスArduino用です。

Skeleton Box

車を作る例がサイトに紹介されていますが、タイヤを付ける予定は今のところは無いです。

ケースに入れたのは、Arduino本体と乾電池、konashiです。ArduinoにはmicroSDカードシールドを乗せています。本当はLCDも乗せたかったのですが、microSDカードシールドと同時に使おうと思うと、うまく動かなかったので、今回は無しです。

これでハード側は準備できたので、後はソフト側の制作です。

Arduinoケース装着

Arduinoケース装着

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

著書の紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする