ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

テスト用デバイスを作る上で、必要なことの一つにストレージへのデータ保存、及び、読み出しがあります。Arduino上で走らせるプログラムの設定データを設定ファイルにしておき、それを読み込んで動作を変更したり、設定を変更するコマンド(独自に定義)を送ったら、それを保存しておくなど、情報を保存しておくところが必要です。
Arduinoでは、EEPROMに入れておくと、電源を落としても覚えておいてくれるようですが、容量が1KB程度。色々やるには心許ないです。また、直接Macでデータファイルを作れないのも、使用目的に合致しないので、マイクロSDカードを使うことにしました。
マイクロSDカードのアクセスには、SparkfunのmicroSDシールドを使うことにしました。用意してみると、ピンヘッダは付いていないので、ピンヘッダだけ半田付けしました。今回もあまり、かっこよくはできなかったのですが、前回よりはマシな仕上がりになりました。

microSDシールド

microSDシールド


sparkfunのWebサイトにあるクイックスタートガイドを参照して、使ってみます。
microSD Shield QuickStart Guide
マイクロSDカードはFAT16もしくはFAT32にすれば、ライブラリ経由で簡単にアクセスできるようです。容量はあまり制限が無いようですが、とりあえず、2GBのものを用意しました。ファイルシステムにアクセスするのに使用するライブラリは、クイックスタートガイドにリンクがある、「SdFat Library」が使えるようですが、とりあえず、SDライブラリを使いました。
SDライブラリを使ったサンプルコードは、商品紹介ページからリンクが張られています。
microSD Shield – DEV-09802
まずは、ということで、サンプルコードに少し手を加えて、走らせてみると、期待したとおり、microSDカード上にファイルが作られ、追記も行われました。
これで、Arduinoストレージ領域は準備できました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. テスト用デバイスのケース追加

  2. Arduinoとkonashiを接続する

  3. ArduinoにLCDを追加

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事