Arduinoとkonashiを接続する

Arduinoとkonashiを接続して、konashi経由でBluetooth LEを使用し、iOSアプリ通信することをやってみました。目的はBluetoothLEを使うiOSアプリの開発用に、Arduinoで制御できるBluetoothLEのテスト用デバイスを作ることです。
まずは、Arduinoとkonashiの接続ですが、これにはUARTを使ってシリアル接続するのが簡単なようです。Arduino側のRX, TX, GNDをkonashi側のTX, RX, GNDに接続します。電源はArduino側につないで、konashiはArduino側の電源を使うようにしました。Arduino側には乾電池をつなぎました。

Arduinoとkonashiを接続

Arduinoとkonashiを接続


これで、Arduinoとkonashiはシリアル通信で通信できます。
実験用に次のようなコードをArduinoにアップロードしました。

[cc]#include
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);
int LED = 13;
void setup()
{
  lcd.print("Hello");
  Serial.begin(9600);
}
void loop()
{
  if (Serial.available() > 0)
  {
    char c = Serial.read();
    char p[16];
    sprintf(p, "%c", c);
    lcd.clear();
    lcd.print(p);
  }
}
[/cc]

行っていることは、シリアル経由で受信した文字をLCDに表示するだけというものです。iOSアプリからはkonashiのSDKを使ってBluetoothLEで文字を送った文字をシリアル(UART)に書き出すようにしました。
動かしてみると、うまく動きました。とりあえず、konashiとArduinoの間でやりとりができるようになったので、Arduino側で任意のデータを作ってkonashi側に送ったり、konashi側から任意のデータをArduinoに渡して、Arduino側でそれに応じた処理を行うなどの目処が立ちました。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Windows 10からOS Xのファイルサーバーへの接続がちょっと不…

  2. セミナーのお知らせ

  3. MOSADeN Onlineの記事をアップしました

  4. 新刊のMetal解説書の仕上げ作業中です

  5. ネットワーク越しのTimeMachineでの復帰方法

  6. [お知らせ] MOSA Software Meeting 2015のお…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事