Arduinoとkonashiを接続する

Arduinoとkonashiを接続して、konashi経由でBluetooth LEを使用し、iOSアプリ通信することをやってみました。目的はBluetoothLEを使うiOSアプリの開発用に、Arduinoで制御できるBluetoothLEのテスト用デバイスを作ることです。
まずは、Arduinoとkonashiの接続ですが、これにはUARTを使ってシリアル接続するのが簡単なようです。Arduino側のRX, TX, GNDをkonashi側のTX, RX, GNDに接続します。電源はArduino側につないで、konashiはArduino側の電源を使うようにしました。Arduino側には乾電池をつなぎました。

Arduinoとkonashiを接続

Arduinoとkonashiを接続


これで、Arduinoとkonashiはシリアル通信で通信できます。
実験用に次のようなコードをArduinoにアップロードしました。

行っていることは、シリアル経由で受信した文字をLCDに表示するだけというものです。iOSアプリからはkonashiのSDKを使ってBluetoothLEで文字を送った文字をシリアル(UART)に書き出すようにしました。
動かしてみると、うまく動きました。とりあえず、konashiとArduinoの間でやりとりができるようになったので、Arduino側で任意のデータを作ってkonashi側に送ったり、konashi側から任意のデータをArduinoに渡して、Arduino側でそれに応じた処理を行うなどの目処が立ちました。
 

関連記事

  1. MultiTextConverterのOS X 10.8対応

  2. リモートグラフィカルログインの設定

  3. 基礎から学ぶ SwiftUI

    MOSA新年会2020で新刊の紹介をします

  4. 外付けのSSDにOSを移動しました

  5. Lion Serverの「iOSデバイスと共有(WebDAV)」を使っ…

  6. MSM 2019 in 原宿 のレポートページが公開されました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI