ArduinoにLCDを追加

Arduinoに画面を付けたいと思い、LCDシールドを買ってきました。他のモジュールと組み合わせてArduinoを中心にして、他のデバイスと通信を行い、Arduino側にステータスなどを表示するのが目的です。
用意したものは、SunhayatoのAS-E401というLCDシールドです。早速Arduinoに取り付けようと思うと、ピンヘッダの半田付けから。。。半田付け、いつ以来だろうと思うくらい昔です。以前やったときから、10年は経っていると思います。久しぶりの半田付けはあまりキレイにできませんでしたが、どうにか大丈夫だったようで、無事に表示されました。

Arduino上にLCDシールド

Arduino上にLCDシールド


画面にはとりあえず「Hello」と表示してみました。Arduinoに転送したコードは次の通りです。

[cc]#include 
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);
void setup()
{
    lcd.print("Hello");
    delay(3000);
}
void loop()
{
}
[/cc]

ほぼ、何もしていないというレベルのコードですね。

LCDの制御

LCDの制御にはArduinoの「Liquid Crystal Library」が使用できます。そのため、とても簡単に表示内容を制御できます。上のコードでも「LiquidCrystal」型の変数「lcd」を定義し、「print」関数を使ってLCDに「Hello」という文字列を表示しています。
変数「lcd」を定義するところで、Arduino側のピン番号を指定します。引数の意味は前から順に、次のピン番号を指定しています。

  • RSピンに接続するピン番号
  • enableピンに接続するピン番号
  • d4〜d7のdataピンに接続するピン番号

どれがArduino側のピン番号に対応するのかは、説明書に記載されています。

関連記事

  1. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  2. Swiftではコードのエラー判定は強めに

  3. 「開発者にとってXcode 5は何が変わったのか」というセミナーを行い…

  4. Meta Packageの作成環境

  5. 仮想マシンと実機

  6. BlackJackアプリをリリースしました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI