ArduinoにLCDを追加

Arduinoに画面を付けたいと思い、LCDシールドを買ってきました。他のモジュールと組み合わせてArduinoを中心にして、他のデバイスと通信を行い、Arduino側にステータスなどを表示するのが目的です。
用意したものは、SunhayatoのAS-E401というLCDシールドです。早速Arduinoに取り付けようと思うと、ピンヘッダの半田付けから。。。半田付け、いつ以来だろうと思うくらい昔です。以前やったときから、10年は経っていると思います。久しぶりの半田付けはあまりキレイにできませんでしたが、どうにか大丈夫だったようで、無事に表示されました。

Arduino上にLCDシールド

Arduino上にLCDシールド


画面にはとりあえず「Hello」と表示してみました。Arduinoに転送したコードは次の通りです。

[cc]#include 
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);
void setup()
{
    lcd.print("Hello");
    delay(3000);
}
void loop()
{
}
[/cc]

ほぼ、何もしていないというレベルのコードですね。

LCDの制御

LCDの制御にはArduinoの「Liquid Crystal Library」が使用できます。そのため、とても簡単に表示内容を制御できます。上のコードでも「LiquidCrystal」型の変数「lcd」を定義し、「print」関数を使ってLCDに「Hello」という文字列を表示しています。
変数「lcd」を定義するところで、Arduino側のピン番号を指定します。引数の意味は前から順に、次のピン番号を指定しています。

  • RSピンに接続するピン番号
  • enableピンに接続するピン番号
  • d4〜d7のdataピンに接続するピン番号

どれがArduino側のピン番号に対応するのかは、説明書に記載されています。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Swiftが1.0になりましたね

  2. PDFの管理にConfluenceを使ってみた

  3. iOSシミュレータの終了が重い

  4. サーバー再構成しました

  5. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  6. 「iPadで学ぶ はじめてのプログラミング」の見本誌が届きました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事