プロパティ「clipToBounds」の見落としに注意

iOSアプリでビューコントローラクラスを作って、「loadView」メソッドをオーバーライドして、手動でビューを作成したときはプロパティ「clipToBounds」の見落としに注意が必要です。このときだけではなく、「UIView」やそのサブクラスをコードで生成したときも含まれるのですが、サブビューを親ビューよりも大きくしたり、親ビューの見えている範囲よりも外側に配置したときなど、意図的に親ビューでクリップされて欲しいときに、クリップされずに表示されてしまいます。このプロパティのデフォルト値は「NO」です。
例えば、アニメーションで外からスライドして表示されるようにしたときに、このプロパティを設定し忘れると、恥ずかしい見た目になります。今日、デバッグ中に目撃した光景でした。

関連記事

  1. WordPressが重いときの対策方法

  2. ICUのUniversal Binary版のビルド方法

  3. サーバー再構成しました

  4. ADT上にJUnitを使ったテスト環境を設定する

  5. Apache Shiroについて

  6. Meta Packageの作成環境

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI