プロパティ「clipToBounds」の見落としに注意

iOSアプリでビューコントローラクラスを作って、「loadView」メソッドをオーバーライドして、手動でビューを作成したときはプロパティ「clipToBounds」の見落としに注意が必要です。このときだけではなく、「UIView」やそのサブクラスをコードで生成したときも含まれるのですが、サブビューを親ビューよりも大きくしたり、親ビューの見えている範囲よりも外側に配置したときなど、意図的に親ビューでクリップされて欲しいときに、クリップされずに表示されてしまいます。このプロパティのデフォルト値は「NO」です。
例えば、アニメーションで外からスライドして表示されるようにしたときに、このプロパティを設定し忘れると、恥ずかしい見た目になります。今日、デバッグ中に目撃した光景でした。

関連記事

  1. Xcodeの外部エディタを設定して効率アップ

  2. Confluenceで日報を書く

  3. 今後はソフトがもっと重要になる

  4. iPhone用のお問い合わせページを作成しました

  5. NSURLクラスのフラグメントの解釈

  6. ネットワーク越しのTimeMachineでの復帰方法

最近の著書

最近の記事