Android StudioをMac上で試してみました

先日、発表されたAndroid StudioをOS X Mountain Lion上で試してみました。
まずは、ダウンロード。次のURLを開くと、Mac用のAndroid Studioがダウンロードできます。(執筆時点ではv0.1)
Getting Started with Android Studio | Android Developers
Mac上でインストールは普通のアプリと同じでした。dmgがダウンロードできるので、マウントすると「Android Studio」というアプリと「Applications」フォルダへのシンボリックリンクファイルが入っているので、「Android Studio」アプリを隣の「Applications」にドラッグ&ドロップしてインストール完了です。


次に起動します。起動は単純にアプリアイコンをダブルクリック。旧バージョンの設定を引き継ぐかというダイアログが表示されましたが、旧バージョンはないので、デフォルトの設定のまま続行します。
とりあえず、プロジェクトを作ります。動くことが確認ができればよいので、内容は適当です。見た感じ、Eclipseを使ったものと違和感なく設定できます。





プロジェクトができあがると空っぽのウインドウが開きます。左端に「1:Project」というボタンがあるので、クリックするとツリーが表示されます。展開して、ファイルを何個か開いてみました。

「activity_main.xml」を開いてみると、GUIのエディタも表示されました。

 
次に、開発者モードをONにした、Nexus 7を接続して、アプリの実行ボタンを押してみるとデバイスも認識されて、デバイスの選択ダイアログが表示されました。特にドライバは必要ないようです。

「OK」ボタンをクリックすると、無事にデバイス上で実行されました。Android Studio上ではEvent Logが表示されています。

次に仮想デバイスを作ってみました。「Tools」メニューから「Android」の「AVD Manager」を選択して、AVD Managerを起動します。「New」ボタンを押してデバイスを作ります。


とりあえず、「Start」ボタンを押して仮想デバイスが動くか試してみました。起動は初回は結構というか、かなり重かったです。2回目からは普通でした。


アプリの実行をエミュレーター上も試してみました。ちゃんとデバイス選択ダイアログのポップアップに作った仮想デバイスが表示されました。

自分はこう思った

使い勝手などは、しばらく使ってみないとわからないと思いますが、Mac上で特にトラブルなく使えた点は好印象です。Eclipseではどうなのかは、Mac上では試したことがないので不明ですが。デバイスを使ったデバッグなどもできたので、OS X + Android Studioでしばらく遊んでみようと思います。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事