JavaとRetinaディスプレイ

久しぶりにMacBook Pro Retina上でNetbeansを使ってみました。
「久しぶり」と書いたのはMacのことでもNetbeansのことでもなく、この2つを組み合わせたのが久しぶりです。JavaサーブレットとJSPを書くときは、Netbeansを使っています。もっと人気があるのがいますが、この点は単なる好みです。
Retinaディスプレイモデルが発売された直後に、この組み合わせをすると画面が見られたものじゃないレベルで酷くなってしまったのですが、現在はテキストがきれいに表示されるようになりました。アイコンなどは各アプリなので、未対応でもしょうがなく、テキストほどは気になりません。テキストが対応してくれたので、当分、この組み合わせで使おうと思っています。
私はAppleのサイトからダウンロードできる方のJDKと組み合わせました。Oracle版と組み合わせたときは未確認なので不明です。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

関連記事

  1. CVSパスワード認証サーバーpserverのセットアップ

  2. 「iPhoneアプリ開発 熟達テクニック」の公式ページができました

  3. Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いに…

  4. OpenCLと他の並列化技術との比較雑感

  5. OSSのリポジトリで英語学習と技術学習

  6. Vistaのブートローダーに表示される文字列の変更方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行