古いマシンのGit対応

Gitへ移行してクライアント環境を整え中です。開発しているアプリの中には古い環境が必要なものがあり、それもGitにアクセスできるようにする必要があります。調べていくと、普通にビルド済みのパッケージでは、OS X 10.6以降が必要で、クライアントアプリもほとんどが10.5以降、もしくは10.6以降が必要なものばかりでした。
今回必要なのは10.4で動くもの。結果から書くとコマンドラインから実行するgit自身はインストールできましたが、GUIクライアントは見つかりませんでした。ソースが提供されているものをベースに古い環境に対応するように修正するという方法もありますが、もう少し新しい環境に移行できるようにした方が良さそうです。(メインマシンは常に最新ですが、開発する対象によって古いマシンが必要なのです)
コマンドラインの方については、MacPorts経由でインストールすることで対応できました。まず、MacPortsがインストールされていない場合は、MacPortsをダウンロードしてインストールします。MacPortsは次のサイトからダウンロードできます。OSのバージョンによって使用するインストーラが異なるので注意してください。
The MacPorts Project
http://www.macports.org
インストールが完了したら、ターミナルを起動して、次のように入力します。
sudo port install git-core
これで、必要なファイルがダウンロードされて、ビルドとインストールが行われます。ただ、普段からMacPortsを使っていない場合はダウンロードするファイルも多いので非常に時間がかかります。Mac Pro Quad Xeonという古めのマシン(OS X 10.4が標準のマシン)で行ってみると、30分くらいかかりました。時間に余裕をもって行った方が良いです。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Swiftではコードのエラー判定は強めに

  2. MultiTextConverterのOS X 10.8対応

  3. Apple Watchのアクティビティがいい!

  4. Arduinoとkonashiを接続する

  5. Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 201…

  6. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事