Gitへの移行 – その2

Gitに仮移行してみました。Subversionとの考え方の違いに戸惑いつつも、慣れの問題だなと思うところも見えてきました。
サーバ側は普通にOS X ServerのGitを動かすのでも良いのですが、ソフトごとにリポジトリを作成するので管理面が複雑になりそうということで、Stashを使うことにしました。
Stashではプロジェクトを作成して、プロジェクトごとに複数のリポジトリを管理するというスタイルです。一つのアプリで関連するものを入れると複数のリポジトリになるので、このスタイルは管理しやすく助かりました。
また、クライアント側はコマンドラインでも良いのですが、コミット漏れとかが一目で分かるようにクライアントアプリを使うことにしました。とりあえず、Stashとの連携がよさそうなのでSourceTreeを使うことにしました。SourceTreeで設定するとStashのリポジトリがテーブルに表示されるので、使いやすそうです。
これで準備完了です。後は使いながら慣らしていきます。
 

関連記事

  1. Markdown

  2. Windows 10からOS Xのファイルサーバーへの接続がちょっと不…

  3. CVSパスワード認証サーバーpserverのセットアップ

  4. Mac版のWordで設計書を作るとき

  5. Swiftは開発者を強制的に新しい世界に連れて行く

  6. お問い合わせフォームのリニューアル

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI