Gitへの移行 – その2

Gitに仮移行してみました。Subversionとの考え方の違いに戸惑いつつも、慣れの問題だなと思うところも見えてきました。
サーバ側は普通にOS X ServerのGitを動かすのでも良いのですが、ソフトごとにリポジトリを作成するので管理面が複雑になりそうということで、Stashを使うことにしました。
Stashではプロジェクトを作成して、プロジェクトごとに複数のリポジトリを管理するというスタイルです。一つのアプリで関連するものを入れると複数のリポジトリになるので、このスタイルは管理しやすく助かりました。
また、クライアント側はコマンドラインでも良いのですが、コミット漏れとかが一目で分かるようにクライアントアプリを使うことにしました。とりあえず、Stashとの連携がよさそうなのでSourceTreeを使うことにしました。SourceTreeで設定するとStashのリポジトリがテーブルに表示されるので、使いやすそうです。
これで準備完了です。後は使いながら慣らしていきます。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

    MOSA新年会2020で新刊の紹介をします

  2. ArduinoにLCDを追加

  3. iPhone用のお問い合わせページを作成しました

  4. iOSアプリで使えるWebDAVのライブラリ

  5. Evernoteの情報が増えてきたら不思議な体験が始まった

  6. MSM 2013 開催です

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事