Gitの管理ディレクトリを分離する

GitでもSubversionでもCVSでも、チェックアウト(Gitの場合はクローン)したディレクトリに管理ファイルや管理ファイルを入れたディレクトリが作成されます。
Webサイトの場合はコピーしたときなどに、このファイルが残ったままだと後悔されてしまうので削除するという作業が必要です。アプリ開発の場合でも、リソースファイルや外部のフレームワークを、アプリケーションパッケージにコピーする必要があるときにこのファイルが残っていると、良くないので削除します。
この作業はコピーも含めてスクリプトで自動化しています。手作業でやると忘れてしまうことがあるので、それを防止するために自動化します。
Gitに移行したので、早速スクリプトを修正しようと思い調べていると、Gitの場合管理ディレクトリを別の場所に置くことができるのですね。git cloneするときに「–separate-git-dir」オプションを使用すると外に出せます。Subversionと違って全ディレクトリに作成されるのではなく、トップディレクトリのみということも分かりました。(「find . | grep git」で検索して確認)
代わりに「.git」というファイルがトップディレクトリに作られるので、このファイルだけスクリプトでケアすれば良いようです。
参考にしたページ:
ウェブアプリケーションのGitリポジトリの先端を追いかける – 行動記録 (http://iwaim.hatenablog.com/entry/2013/01/17/164552)
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. JavaとRetinaディスプレイ

  2. サイトのリニューアルを行っています

  3. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  4. VirusBarrier Serverのセットアップ

  5. Mac App Store版に乗り換え後の認識エラー?(解決)

  6. [お知らせ] C言語逆引きハンドブックのPDF版の販売が始まりました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事