スマートカバーにしてみた

iPadのカバーを今更ながらスマートカバーにしてみました。このスマートカバー、単なる蓋みたいに表面だけを覆うものなので、どうなんだろう??、という感じがして買ったことがなかったのですが、今回、初めて、買ってみました。
きっかけは、今まで使っていたカバーは裏にまでたたむと、左右の高さが均等ではないため、少し斜めになってしまうのが気になってしまって(細かい。。。)
その点、スマートカバーは裏にたたんでも平ら。三角形みたいにすればiPadが少し斜めになって机の上に置いて使うときに良い感じ。
三角にしたとき
このスマートカバー、「ポリウレタン製」と「革製」の2種類があって、さらに色が数種類あるとのこと。近所の電気屋に全部あったので、しばらく悩む。最終的にはネイビーにしました。
で、実際に使ってみると期待通り「平ら」。何となく気分良し♪
平らにしたとき

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. StoryboardとXibの使い分け

  2. Mac用Subversionクライアントから3つピックアップ

  3. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

  4. FileVaultとバックアップ

  5. 外付けのSSDにOSを移動しました

  6. ドローンは何に使うのかの段階に

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事