JIRAの要約ページのグラフのこと

最近はバグトラッキングも含めたタスク管理にJIRAを使っています。JIRAにはプロジェクトの要約ページがあるのですが、この中に「解決件数」と「チケットの作成件数」を視覚的にわかりやすく表示しているグラフがあります。

このグラフで、赤が「チケットの作成件数」、緑が「解決件数」で、横軸は日付です。今日、一気にチケットが増えていて、うわぁ〜ってなっています。
次のグラフも別のプロジェクトのグラフです。

このグラフを見ていて、???ってなりました。「解決件数」が「チケットの作成件数」を上回っている。。。なぜだ???って思ったのですが、よくよく見ると、グラフのタイトルは「Issues: 30 Day Summary」。「30 Day」の部分を自分の中で無視していました。30日間の要約なので、チケットの作成が30日よりも前なら、上回りますよね。。。あれ、だけど、違うか。30日間の要約でも、作成件数の合計なら上回らないはず??
うーん、混乱してきた。やっぱり、なんか、おかしいのかもしれないですね。一つ気がついたのは、他のプロジェクトからチケットをコピーすると、このグラフの「チケットの作成件数」に反映されないということ。このせいで、ずれているのかも。直し方は不明なので、とりあえず、放置です。
もしかすると、正式なサポート環境ではないOS X Serverで動かしているから、それが影響しているかもしれないです。
いつか直したいな。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. OS X 10.4.11 (Tiger) へのGitのインストール

  2. 新刊の原稿書き上がりました

  3. Nexus7とKindleを買ってきた

  4. Mac版のWordで設計書を作るとき

  5. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  6. C言語逆引きハンドブックの発売日について

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事