GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

SubversionのGUIクライアントを使い始めてから気がついたことがあります。
GUIクライアントを使用するとコミット漏れを防ぐことができる。というのは、Cornerstoneの場合、アプリを起動したままでも、Xcodeで変更を加えたり新規ファイルを作成したりすると、アプリケーションを全面にしたときにコミットしていないファイルの数が表示される上、コミットするときにリポジトリに追加していないファイルがあれば、指摘してくれます。
無視するべきファイルなら、「Ignore」に指定しておけばうっとおしくもないです。Interface Builderによって自動的に作成されるバックアップファイルは、コミットするときに削除すればよいと思います。
このことに気がついてから、Xcodeからコミットするのをやめて、必ずCornerstoneにしました。Xcodeだと、プロジェクトに登録されていないファイルやプロジェクトよりも上位にあるディレクトリまで察知してくれないので。
なお、私はCornerstoneを使っていますが、svnxや他のGUIクライアントでもコミット漏れを見つけられると思うので、コマンドラインな方も一度、使ってみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Lion Serverの「iOSデバイスと共有(WebDAV)」を使っ…

  2. 色々試した末、Fire TVにしました

  3. サーバー再構成しました

  4. MultiTextConverter2.0.5 Rev 2 Windo…

  5. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  6. 仮想PCで開発作業

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事