GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

SubversionのGUIクライアントを使い始めてから気がついたことがあります。
GUIクライアントを使用するとコミット漏れを防ぐことができる。というのは、Cornerstoneの場合、アプリを起動したままでも、Xcodeで変更を加えたり新規ファイルを作成したりすると、アプリケーションを全面にしたときにコミットしていないファイルの数が表示される上、コミットするときにリポジトリに追加していないファイルがあれば、指摘してくれます。
無視するべきファイルなら、「Ignore」に指定しておけばうっとおしくもないです。Interface Builderによって自動的に作成されるバックアップファイルは、コミットするときに削除すればよいと思います。
このことに気がついてから、Xcodeからコミットするのをやめて、必ずCornerstoneにしました。Xcodeだと、プロジェクトに登録されていないファイルやプロジェクトよりも上位にあるディレクトリまで察知してくれないので。
なお、私はCornerstoneを使っていますが、svnxや他のGUIクライアントでもコミット漏れを見つけられると思うので、コマンドラインな方も一度、使ってみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. OS X 10.4.11 (Tiger) へのGitのインストール

  2. 新規ライセンス発行を終了しました

  3. JIRAの要約ページのグラフのこと

  4. 仮想PCで開発作業

  5. 「履歴書with職務経歴書」の動作確認済みソフトウェアを追加しました

  6. 作業を支援するサーバーの仮想化

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事