GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

SubversionのGUIクライアントを使い始めてから気がついたことがあります。
GUIクライアントを使用するとコミット漏れを防ぐことができる。というのは、Cornerstoneの場合、アプリを起動したままでも、Xcodeで変更を加えたり新規ファイルを作成したりすると、アプリケーションを全面にしたときにコミットしていないファイルの数が表示される上、コミットするときにリポジトリに追加していないファイルがあれば、指摘してくれます。
無視するべきファイルなら、「Ignore」に指定しておけばうっとおしくもないです。Interface Builderによって自動的に作成されるバックアップファイルは、コミットするときに削除すればよいと思います。
このことに気がついてから、Xcodeからコミットするのをやめて、必ずCornerstoneにしました。Xcodeだと、プロジェクトに登録されていないファイルやプロジェクトよりも上位にあるディレクトリまで察知してくれないので。
なお、私はCornerstoneを使っていますが、svnxや他のGUIクライアントでもコミット漏れを見つけられると思うので、コマンドラインな方も一度、使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  2. Mac OS Xで環境変数を設定する

  3. 仮想マシンでキーボードが反応しなくなったけど、すぐ、復活

  4. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

  5. [紹介] つくって覚える「Java Servlet入門」

  6. MOSADeN ONLINE 第24回の記事を入稿しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行