Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いについて

Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目には次の3種類があります。

  • Wikiの記事
  • ファイル
  • ブログの記事

それぞれの違いについて、調べてみると、次のような感じになっているようです。
Wikiの記事
Wikiの記事。情報では一覧表示されるが、ブログのように日時に基づいて内容も含めて一覧表示はされない。
ファイル
表示内容はアップロードしたファイルの内容からプレビューが作成される。PDFでは、先頭5ページが読み込まれて表示される。それ以降のページも表示可能。ダウンロードボタンも表示され、ファイルを共有する目的で使用する。共有についてはファイル単位で指定可能。記事内に説明書きを入れるなどはできないので、コメントで残すなど工夫する必要がある。タイトルはファイル名が使われる。
ブログの記事
ブログなのでアップロードした日時に基づいてソートされ、内容も含めて一覧表示される。共有については記事単位ではなく、ブログ単位で指定する。
共通機能
いずれも、タグ、関連づけ、コメント、履歴が残るようになっています。変更通知も項目単位で設定可能。
感想
共有の範囲をサーバーのアカウントに基づいて決められるので、外部公開用途よりも、内部での情報共有に向いているように思えます。また、バックアップについてもTimeMachineで自動的に行える点が良いです。大規模な用途やエンタープライズ向けの用途としては機能不足な面もあると思いますが、中小規模では使い勝手が良いのではないかと思います。大規模用途だとクラウドベースでエンタープライズ向けに開発されたWikiやECMを使うべきだと思います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. ディープラーニングからは可能性をすごく感じる

  2. Mac Miniで minidlna を動かす

  3. MSM2014でエクステンションについてセミナーを担当します

  4. Swiftではコードのエラー判定は強めに

  5. 通販サイトの配達の箱、小さくなって欲しい

  6. Mac Pro の強さはベンチマークの数字以外にもある

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事