Mac OS X上でUUIDを作成する

Windows上でCOMインターフェイスのIDなど、ユニークになるような一意の識別子がほしいときはGUIDが便利ですが、Mac OS X上でも作成できます。正確にはGUIDを生成できるのではなくUUIDですが、ターミナルから素早く生成できます。
ターミナルで「uuidgen」と入力すると。即座に新しいUUIDが生成されてターミナルに出力されます。ソースファイルの中で定数として使いたいときはこれをコピーして使います。
Macで完結するアプリでは使う機会が少ないのですが、Webと連携するようなときにはUUIDが必要になることがあります。定数であれば、「uuidgen」ツールで十分ですが、動的に生成したいときはCore FoundationのAPIを使うと便利です。

たとえば、次のコードを実行すると、UUIDを生成してターミナルに出力します。

#include <stdio.h>
#include <CoreFoundation/CoreFoundation.h>
int main (int argc, const char * argv[])
{
CFUUIDRef uuid = CFUUIDCreate(kCFAllocatorDefault);
CFStringRef str = CFUUIDCreateString(kCFAllocatorDefault, uuid);
CFShow(str);
CFRelease(str);
CFRelease(uuid);
return 0;
}

Mac内で完結するアプリのときでも、ユニークなファイル名が欲しいときやユニークなIDが必要なとき、乱数の代わりに使うのも良いと思います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  2. Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

  3. Transmitの同時接続数の上限値を設定する

  4. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

  5. GPGの鍵の生成方法

  6. SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事