UTF-8 BOMあり

先日、Lion (Mac OS X 10.7)を実行しているマシンが調子悪くなり、再セットアップを行いました。ここのところは、移行アシスタントを使ってセットアップ前の環境を引き継いでいたのですが、今回は心機一転、引き継がずに新規セットアップを行い、必要なファイル(すべて、Documentsフォルダに入っているのですが)だけをコピーしてきました。
そして、環境設定がすべてリセットされた環境でBBEditでファイルを保存しようとすると「Unicode (UTF-8)」が標準になっています。これはBOMありのテキストエンコーディング。以前であれば、XcodeでUTF-8 BOMありのソースファイルはビルドできないということがありました。いつの間にか、BOMありでもビルドできるようになっています。Visual C++で、UTF-8のソースファイルをビルドしようと思うと、こちらはBOMありでないとエラーになってしまう(とは言っても、コメントも含めて、英語で書いているソースの場合は関係ない話ですが、日本語圏なので、コメントは日本語を使うことが多いです)。
以前はBOMありのUTF-8というと違和感を感じましたが、Xcodeでも使えるようになっているのなら、エンコーディングの認識エラーになりづらいことを考えると、UTF-8 BOMありを使っていてもよいかもしれないと思えてきました。

関連記事

  1. NSTrackingAreaクラス

  2. 自動アップデート機能のためのフレームワーク

  3. Swiftが1.0になりましたね

  4. バンドル版のOpenOffice.orgのパーミッションに注意

  5. File Manager由来のAPIがDeplecatedになっていた…

  6. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

最近の著書

最近の記事