UTF-8 BOMあり

先日、Lion (Mac OS X 10.7)を実行しているマシンが調子悪くなり、再セットアップを行いました。ここのところは、移行アシスタントを使ってセットアップ前の環境を引き継いでいたのですが、今回は心機一転、引き継がずに新規セットアップを行い、必要なファイル(すべて、Documentsフォルダに入っているのですが)だけをコピーしてきました。
そして、環境設定がすべてリセットされた環境でBBEditでファイルを保存しようとすると「Unicode (UTF-8)」が標準になっています。これはBOMありのテキストエンコーディング。以前であれば、XcodeでUTF-8 BOMありのソースファイルはビルドできないということがありました。いつの間にか、BOMありでもビルドできるようになっています。Visual C++で、UTF-8のソースファイルをビルドしようと思うと、こちらはBOMありでないとエラーになってしまう(とは言っても、コメントも含めて、英語で書いているソースの場合は関係ない話ですが、日本語圏なので、コメントは日本語を使うことが多いです)。
以前はBOMありのUTF-8というと違和感を感じましたが、Xcodeでも使えるようになっているのなら、エンコーディングの認識エラーになりづらいことを考えると、UTF-8 BOMありを使っていてもよいかもしれないと思えてきました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  2. iPhoneソーシャルゲーム開発の公式ページができました

  3. GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

  4. iOSアプリで使えるWebDAVのライブラリ

  5. AtomはUndo情報も覚えている

  6. iOSシミュレータの終了が重い

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事