UTF-8 BOMあり

先日、Lion (Mac OS X 10.7)を実行しているマシンが調子悪くなり、再セットアップを行いました。ここのところは、移行アシスタントを使ってセットアップ前の環境を引き継いでいたのですが、今回は心機一転、引き継がずに新規セットアップを行い、必要なファイル(すべて、Documentsフォルダに入っているのですが)だけをコピーしてきました。
そして、環境設定がすべてリセットされた環境でBBEditでファイルを保存しようとすると「Unicode (UTF-8)」が標準になっています。これはBOMありのテキストエンコーディング。以前であれば、XcodeでUTF-8 BOMありのソースファイルはビルドできないということがありました。いつの間にか、BOMありでもビルドできるようになっています。Visual C++で、UTF-8のソースファイルをビルドしようと思うと、こちらはBOMありでないとエラーになってしまう(とは言っても、コメントも含めて、英語で書いているソースの場合は関係ない話ですが、日本語圏なので、コメントは日本語を使うことが多いです)。
以前はBOMありのUTF-8というと違和感を感じましたが、Xcodeでも使えるようになっているのなら、エンコーディングの認識エラーになりづらいことを考えると、UTF-8 BOMありを使っていてもよいかもしれないと思えてきました。

関連記事

  1. iPhone 4 と iPhone 4S 側面が少しだけ違う

  2. ResEditのアイコンが出てきた

  3. BootCampでAeroが有効にならなかったときの修正方法

  4. プロパティ「clipToBounds」の見落としに注意

  5. iOSアプリで使えるWebDAVのライブラリ

  6. Lionを入れるには非力すぎた

最近の著書

最近の記事