Lion Recovery Disk Assistantが公開されたようです

Lion Recovery Disk Assistantがアップル社から公開されたようです。
Lion (Mac OS X 10.7)では、CDやDVDからのインストールではなく、HDDの中に「Recovery HD」というパーティションが作成され、そこからマシンを起動してインストールするようになりました。このツールは「Recovery HD」パーティションを外部ディスクに作成してくれるツールです。
「Recovery HD」パーティションも吹っ飛ばしてしまったときとか、Lionプリインストールではないマシンだと一度、10.6.xをセットアップしてからインストールしないといけないという手間を省いてくれます。
早速、USBメモリに作成してみました。作成に使用するマシンは既にLionが走っていて、「Recovery HD」パーティションがあるということが条件のようです。私はMac Book Air(一つ前のモデル)で作成したのですが、ものの数分でできてしまいました。3分くらいでしょうか。作ったUSBメモリから起動させるには、オプションキーを押しながらマシンを起動すればOKです。起動ボリュームの選択画面でUSBメモリーの「Recovery HD」が表示されるので、それを選択します。USBメモリからの起動は結構早いです。MacBook Proで起動してもMacBook Airを使っているような錯覚を覚えます。ディスクユーティリティを起動できるので、ディスクの修復が手軽になりました(開発に使っているせいか、結構な確率で修復が必要と表示されます)。
Lionにアップデートした人は再セットアップする事態になる前に作っておいてはいかがでしょうか。
・Lion Recovery Disk Assistant
http://support.apple.com/kb/dl1433

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

  2. Swiftは開発者を強制的に新しい世界に連れて行く

  3. Swift逆引きハンドブックのSwift 3.0対応についての情報を公…

  4. OS X 10.4.11 (Tiger) へのGitのインストール

  5. PostgreSQLのセットアップ

  6. ownCloudを入れてみた

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事